佐々木希「良い感じに半殺しになってますね」と秋田の郷土料理に舌鼓!?大切な言葉『いいふりこき』の意味とは

更新日:

10月9日放送の「アナザースカイII」(日本テレビ系)では、佐々木希さんが故郷の秋田県を訪問。手料理を番組MCの今田耕司さんと広瀬アリスさんに振る舞う様子が話題を集めました。

(画像:時事通信フォト)

■佐々木「良い感じに半殺しになってますね」と秋田の郷土料理に舌鼓!?

今回、故郷の秋田県を訪れた佐々木さんは、郷土の味"だまこ餅鍋"を食べられる店を訪問。

この料理について佐々木さんは、「きりたんぽの丸バージョン。本当に私も小さい頃から母親と一緒に握って、こんがり焼いて鍋に入れるんですけど、だまこ餅と言ったら自宅で食べるものっていうイメージ」とコメント。

運ばれてきただまこ餅鍋を食べた佐々木さんは、「良い感じに半殺しになってますね」と表現。

"半殺し"という言葉は物騒に聞こえますが、「秋田の人なら絶対わかると思うんですけど、お米を潰しすぎず、粒々が残ることにすることを半殺しって言うんですけど」と、その意味を解説します。

また、スタジオにもだまこ餅鍋を含む秋田の郷土料理が用意され、今田さんと広瀬さんもそれを食べることに。

■佐々木の大切な言葉『いいふりこき』の意味とは

佐々木さんが大切にしているという秋田の言葉が「いいふりこき」。

「見栄っ張り」のように悪い意味でも使われるこの言葉ですが、佐々木さんは、「『えふりこき』って言う方もいますけど。『いい振りをする』っていう風な意味なんですど、ちょっと美学というか、秋田県の性格は良いなって思いますね」と解釈。

また、今回の旅の途中では、カメラの回っていない所で気遣いを見せる秋田の人達の優しさに触れ、「カメラが回っている所で出したら良いのに、そういう所あるんですよね」と、秋田県民の奥ゆかしい性格を語ることに。

「いいふりこき」が話題になったタイミングで、スタジオで今田さんと広瀬さんが食べた料理は、収録3時間前に佐々木さんが作ったことがスタッフから明かされました。

すると、広瀬さんは「いいふりこき!」、今田さんは「もう1回くれ!」とコメント。

また、今田さんが「いいふりこきの人は、『俺頑張ってんだよ』とは言わない。多分それがいいふりこきやと思う」と話しかけると、佐々木さんは「絶対努力してる所は見せないけど…。秋田の人ってそういう人が多いから」と相槌を打ちました。

今回の放送にはネット上で、「佐々木希ちゃん、本当に素晴らしい方ですね。泣いちゃいました、 いいふりこき。素敵な言葉ですね。わたしもこのマインドでいたいと思ってて、凄く共感しました」「『いいふりこき』なんて素敵な言葉だろう。佐々木希ちゃんも素敵な人だ。そんな人になりたいと思う」「秋田県民の言う「半殺し」に他意はないのですよ。ごはんをいい感じに潰して、『めためたでぐ』する。そういうことなのです」などのコメントが上がっています。

自然に「いいふりこき」が出来る佐々木さんは、人間的にも素敵だと感じた方が多かったようです。

また、佐々木さんの秋田への愛が伝わってきたのではないでしょうか。

【番組情報】
アナザースカイII
https://tver.jp/corner/f0058855

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.