王林「元々青森が好きで入ったわけじゃなかった」りんご娘・青森への思いを告白!

投稿日:2021/07/09 13:22 更新日:

今田耕司さんがMCを務める「アナザースカイ」(日本テレビ系)。7月8日放送回ではりんご娘・王林さんが出演。青森県の弘前を巡りながら熱い想いを明かし、話題となりました。

■りんご娘・王林が明かす理想の結婚相手!その条件に今田耕司「おらんなぁ」

青森県のご当地アイドル「りんご娘」のメンバーで、今やテレビで観ない日はない活躍ぶりを見せる王林さん。

情報雑誌「日経エンタテインメント!」にて発表された「タレントパワーランキング2021・女性アイドル部門」においては、ももいろクローバーZ、AKB48、乃木坂46といったメジャーグループのメンバーが上位を占める中、ご当地アイドルとしてただ一人、第5位にランクインし、話題となりました。

それでも、王林さんは「絶対東京に住むことはない」と断言し、現在でも青森県から仕事がある度、新幹線で片道3時間半かけて東京に通っています。

今回の放送では、王林さんにとってのアナザースカイ・弘前を巡りながら、青森にこだわる熱い想いに迫りました。

最初に訪れたのは「りんご娘スマイルファーム」。りんご娘は「半農半芸」を掲げ、ここで自分が名乗っているりんごの品種を育てています。

「私は青森県のりんご農家さんに最終的には嫁ぎたい」と言う王林さん。「りんご農家さんや農業やってる方の考え方がすごい好き」だと語ります。

しかし、好みのタイプは「外国人」とのことで「海外の方で、青森でりんご農家やってる方で、津軽弁でお話する人を探してます」と告白。これに今田さんは「おらんなぁ」とツッコみを入れ、笑いを誘っていました。

■王林「元々青森が好きで入ったわけじゃなかった」りんご娘・青森への思いを告白!

続いて王林さんが訪れたのは「私たちが育った"寺子屋"みたいな所」だというりんご娘を運営するリンゴミュージックの事務所。

りんご娘は元々、自動車整備業を営んでいた樋川新一社長が過疎化が進む青森の状況を憂慮し「地方に居ながらも若い人たちにチャンスの場を与えたい」という想いで2000年に妻と立ち上げたグループ。メンバーは代を重ねながら今に至っており、王林さんは正確には"2代目王林"です。

青森に対する地元愛に溢れ、その魅力を東京に広めることに力を尽くしている王林さん。しかし「元々青森が好きで入ったわけじゃなかった」と、2013年に15歳でりんご娘に加入した当初は地元愛がそれほどなかったことを打ち明けます。

そんな王林さんは先輩たちが「行った先の何が有名なのか?」「何を知ってくれてると嬉しいのか?」まで調べてMCを練る姿を間近に見て、やがて「私も青森の為に活動したいって思うようになっていった」と明かしました。

次に向かったのはよく訪れるというりんご公園。悩んだ時や大きな仕事に臨む時、古くから津軽の人々に信仰されてきた岩木山を仰ぎ見て「山に向かって気持ちを言う」のが恒例だと打ち明けました。

■王林、葛藤の末に王林が選んだ道は…

りんご娘にとって大きな転機となったのが2016年、音楽情報番組「musicるTV」(テレビ朝日系)の後援で開催された「愛踊祭〜あいどるまつり〜2016」で、参加した242組の頂点に立ったことです。

それをきっかけに知名度が上昇し、2017年8月にはオーディション番組「ラストアイドル」(テレビ朝日系)に出演。「りんご娘を知ってもらえたらいいな」という思いで秋元康さんがプロデュースを務める「Good Tears」のメンバーを兼任することになりました。

しかし、東京での仕事が増え、地元での活動が思うようにできなくなると「これって本当に私がやりたいことなのかな」という葛藤を抱くようになったという王林さん。

「社長も『りんご娘辞めていい』と言ってくれたし、お母さんお父さんとかも『自分のことも考えないと』」と背中を押してくれたそう。

王林さん自身にも「そりゃね、そんな素晴らしい方のもとで素晴らしい楽曲と素晴らしい衣装と用意してもらって、そっちの方がチャンスあるんじゃないか」という思いがあったことを明かします。

自問自答を繰り返した末「青森を感じる歌を歌いたいし、青森を感じるパフォーマンスをしたかった」という自分の想いに気づいた王林さん。選んだのは兼任を辞め、りんご娘に専念する道でした。

■王林の決意「青森から日本に!世界に!」「けっぱるぞ!!」

多忙な日々を送る中、地元の大学に進学した王林さん。現在では津軽塗などの伝統工芸、ねぷた祭などのお祭りを世に広める活動にも尽力しています。

2020年に結成20周年を迎えたりんご娘。2,000組以上存在すると言われるご当地アイドルの中でも、その活動期間は最長です。

歴史を紡いできた先輩たちやメンバーに対し「りんごの木が20年で1本の立派な木になるって言われてるみたいに、先輩方がいたから私たちが今あって」「私が東京で頑張れているのはメンバーが青森で待っててくれてるから」と、感謝の言葉を口にする王林さん。

最後は岩木山に向かって「青森から日本に!世界に!りんご娘羽ばたくよ!けっぱるぞ!!」と決意を叫びます。

そんな王林さんを応援するかのように、ずっと雲に隠れていた岩木山が最後に、その"津軽富士"とも讃えられる雄大な姿を現しました。

■ファン感動「永久保存版になってもおかしくない」

今回の放送に対し、ネット上には「永久保存版になってもおかしくない」「自分が本当にやりたいことは何かと葛藤しながらも前進し続ける王林さんがよかった!」「王林ちゃんの郷土愛と真面目さとピュアな心に猛烈に感動している」など多くの感想が投稿されていました。

郷土愛や仲間への感謝を熱く語る王林さんの姿や地元を愛し、地元に愛されている様子がとても印象的でしたね。

今回の放送を観て、心を熱くしたという方も多いのではないでしょうか。

【番組情報】
アナザースカイ
https://tver.jp/corner/f0078350

(文:こじこじ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.