星野源「通常盤って何」Creepy Nutsと語ったアーティストとしての想いが話題

更新日:

8月6日深夜に放送されたニッポン放送のラジオ番組『星野源のオールナイトニッポン』。今回、放送作家の寺坂直毅さんがお休みということで、いつもサブ作家を担当している宮森かわらさんが登場。ヒップホップ音楽ユニット・Creepy Nutsの二人も特別出演し、話題となりました。


画像:時事(東京ドラマアウォード2017授賞式の星野源さん)

星野源、フォロワー1万人超の放送作家に「人気出すぎでしょ」


8月6日深夜の『星野源のオールナイトニッポン』の放送が始まると、星野さんは「ようこそ!」と宮森さんを迎え入れます。宮森さんは、星野さんから「本番に臨むときのストレッチとかが、出演者のそれですよ。作家のそれじゃなくて」と早速いじられ、とても気合が入っている様子を暴露。

作家としての生放送が初めてということで不安がる宮森さん。星野さんは「大丈夫ですよ、あなたは人気者ですから」と優しく声をかけます。そして「あなたの個人Instagramアカウントのフォロワー数は、何人になったんですか?」と星野さんが質問すると、宮森さんは恥ずかしそうに「一万人超えました」と回答。

星野さんは「人気出すぎでしょ」と爆笑し、「全員、俺のファンだという気持ちでやってください」とエールを送っていました。

星野源「通常盤って何」にDJ松永も賛同

番組中盤には、Creepy NutsのR-指定さんとDJ松永さんが登場しました。8月7日、Creepy Nutsがミニアルバムを発売するとのこと。通常盤にはラジオ収録、初回限定盤にはライブDVDが特典としてついてくるそうです。

通常盤にもラジオ収録の特典がついている理由について、DJ松永さんが「豪華盤と廉価盤という分け方に、自分がモヤっとするものがある」と説明すると、「すげー分かる」と星野さんも共感。

星野さんが「通常盤ってなによって。通常は通常なんだから、通常って言わないで、本来のものだって」「俺ずっと言ってんだよ、"通常盤"ってデザインに入ると『消してくれ』って」と発言すると、DJ松永さんも「ほんとそう!」と興奮しながら賛同していました。

通常盤や初回限定盤というのは、お客さんの方を向いている事情じゃないと熱弁するDJ松永さんの言葉に、星野さんも「お客さんのことをちゃんと直で考えれる人はすごい少なくて。俺ずーっと言ってたよ、すげー気持ちわかる」とコメント。

ネットでは、このやりとりを聞いたリスナーから「バチボコ熱い!」「ファン目線であることって超絶ありがたい」「Creepy Nutsと源さんすごい共鳴してる」などの声が上がりました。

新コーナー『恋のお悩みかわら割り』に星野も爆笑「なんだよ(笑)」

番組も終盤に差し掛かると、宮森さんが「宮森かわらの恋のお悩みかわら割り」とタイトルを発表。篠原涼子さんの代表曲「恋しさとせつなさと心強さと」が流れ、突然コーナーが始まりました。

リスナーからの恋の悩みを聞いて、宮森さんがしっかり回答していくという内容に、星野さんは「うそだろおい、何のボケもない…」と絶句。

メールに回答し終えた宮森さんは「あ、これは3枚ぐらいでしょうか」と言い、瓦が割れる音がします。星野さんは「なんだよそのシステム(笑)」と爆笑しながらツッコミを入れていました。どうやら宮森さんの手ごたえで、瓦を割る枚数が決まるようです。

ところが、瓦を割るコーナーかと思いきや、宮森さんは別のメールを読み終えると「これはチェストですね、チェスト!」といきなり喝を入れます。星野さんは「なにそれ?どういうこと(笑)!?」と突然のチェストにまたもや爆笑していました。

「チェスト!」好評、コーナー継続を望む「またぜひやって!」の声

星野さんは宮森さんが言った「チェスト!」が気に入ったようで、番組の最後を「チェスト!」と言って締めくくりました。

するとネット上では、番組を聞いたリスナーから「最後にチェストはやめて笑」「チェスト締めw」「みゃーもりのコーナーまたぜひやって欲しい!」などの声が上がりました。

今回の放送は二週間ぶりだったこともあり、星野さんの映画や雑誌・DVDなど情報が盛りだくさんでした。また、Creepy Nutsとの熱い話や、宮森さんのコーナーの誕生など、いつも以上に濃い内容。贅沢な内容の放送に大満足のリスナーも多かったのではないでしょうか。

今回の放送はタイムフリーでも聴くことができますので、聞き逃した方はぜひチェックしてみてくださいね。

http://radiko.jp/#!/ts/LFR/20190807010000

(文:藤峰あき)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.