『あな番』の #会いたいよタイム が過去最高に泣けると話題!シンイーとクオンの再会に「キュンときた」の声

更新日:

田中圭さん主演のドラマ「あなたの番です ‐反撃編‐」(日本テレビ系)第16話が8月11日に放送されました。第16話では、劇中で主題歌「会いたいよ」が流れるシーンが感動的と話題を集めました。

「あなたの番です ‐反撃編‐」第16話のあらすじ

手塚菜奈(原田知世)を殺害した犯人の手がかりを掴んだという連絡を刑事・神谷将人(浅香航大)から受けた手塚翔太(田中圭)は待ち合わせ場所に駆けつけます。すると、そこにいたのはベンチの上に座り口元に笑みを浮かべ死んでいる神谷の姿でした。

後輩の神谷が残酷な方法で殺されていた知ったら水城洋司(皆川猿時)は、犯人への怒りに燃え、翔太に協力することを誓います。

マンションに戻った翔太は、二階堂忍(横浜流星)と、集まった情報をもとに話し合い、もうすぐ退院できるという黒島沙和(西野七瀬)から、彼女を駅のホームから突き落とした犯人の手掛かりについて聞くことになりますが…。

"会いたいよタイム"が過去最高に泣けると話題

劇中で挿入歌として流れるのが、田中圭さんが主人公・手塚翔太として歌う主題歌「会いたいよ」。翔太が妻・菜奈に向けて悲しみを歌い上げるこの歌は、"反撃編"の初回から劇中歌として使用されてきました。

今回の第16話でも「会いたいよ」は流れましたが、この使い方が非常に"感動的"と話題を集めました。

水城は後輩の神谷を思いを馳せ、児嶋俊明(坪倉由幸)は亡くなった妻・佳世(片岡礼子)の写真を見て涙を浮かべます。

また、妹尾あいり(大友花恋)は、実の娘のように育ててもらった浮田啓輔(田中要次)との楽しかった思い出を振り返り涙を浮かべていると、後ろから恋人の柿沼遼(中尾暢樹)がギュッと彼女を抱きしめます。

いずれも、翔太と同じように今回の事件で大切な人を失った人たち。「会いたいよ」の切ないメロディと歌詞も相まって感動を呼びました。

一方で、今回の"会いたいよタイム"ではシンイー(金澤美穂)が恋人のクオン(井阪郁巳)と再会するシーンも描かれ、視聴者から「今回の会いたいよタイムは過去最高に泣けましたね」「シンイーとクオンの再会にいちばんキュンときたわ」などの声があがりました。

"会いたいよタイム"で写真を見て笑みを浮かべる南雅和

今回の"会いたいよタイム"では、他にも気になるシーンがありました。それは、写真を見て笑顔を浮かべる南雅和(田中哲司)の姿。自分の正体が YouTuberで「事故物件住んでみた芸人」であることを明かしていた南。

しかし、事件に関する新聞記事を資料として集めていたり、今回の写真のこともあって、事件で誰かを失い、その調査をしている可能性があり、彼の本当の目的が何なのかが気になるところ。

こうした南の姿を見た視聴者からネットでは、「会いたいよタイムの時にしれっと写真を観て微笑む南さんも映っていたけど恐らく彼も誰かを亡くしている…」などの声があがっていました。

シンイーとクオンの再会はもう少し後かなと思っていた人も多いと思いますが、このタイミングでの再会は意外だったのではないでしょうか。また、写真立てに向かって微笑む南の真意が何なのかも非常に気になるところですね。

ドラマは見逃し配信もあるので、見ていない人はぜひ見てみてくださいね。

https://tver.jp/corner/f0038153

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.