霜降り・せいや『アメトーーク!』で予想外の事態に絶句「俺、マジで今日トークないですわ」

投稿日:2021/04/23 12:31 更新日:

4月22日の「アメトーーク!」(テレビ朝日系)では、「駄菓子ダイスキ芸人」と題した企画を放送。メンバーの中で唯一の20代だった霜降り明星・せいやさんがジェネレーションギャップを目の当たりにして絶句する場面があり話題を集めました。

(画像:時事通信フォト)

■ケンコバ、蛍原&フジモンのトークに思わず本音ポロリ「戦後復興芸人」

今回は「駄菓子ダイスキ芸人」としてケンドーコバヤシ(以下:ケンコバ)さん、麒麟・川島明さん、霜降り明星・せいやさん、FUJIWARA・藤本敏史(以下:フジモン)さん、よゐこ・濱口優さん、ブラックマヨネーズ・小杉竜一さん、ジャングルポケット・斉藤慎二さんが登場。

また、MCの雨上がり決死隊・蛍原徹さんの隣に座るゲストとして、バカリズムさんが出演しました。

オープニングトークで、蛍原さんは「駄菓子屋のとこにたこ焼きも焼いてくれんねん…。ほんでな1個売りしてくれんねん」と駄菓子屋の思い出を話すと、フジモンさんも「そう!うちもそうやった」と意気投合します。

続けて「まだ覚えてんねん。小学校1年の時に1個3円」と振り返る蛍原さん。フジモンさんは「僕、1個10円でした」と応え、2人はたこ焼きの話で盛り上がります。すると、ケンコバさんは「今日あれ…"戦後復興芸人"じゃないでしょ?」とツッコミを入れ、笑いを誘いました。

■霜降り・せいや、予想外の事態に絶句「俺、マジで今日トークないですわ」

それぞれの"推し"の駄菓子を紹介するなかで「粉末ジュース」の話題に。濱口さんは「粉のやつはそれも水に溶かさずにそのまま僕は指につけて舐めてた」と思い出を語ります。

一方で、フジモンさんは「粉のやつはちょっと口にササッと入れて蛇口のとこ行って(水飲んで)ってやってたけどね。俺は…口で混ぜるタイプ」とコメント。

続けて、ケンコバさんは「当時だって水なんか売ってなかったですもんね」と話すと、フジモンさんも「そうやねん」と相槌を打ちます。メンバーの中で唯一20代のせいやさんは、これは予想外のエピソードだったようで「えぇ!?」と驚きを隠せません。

また、蛍原さんが「お茶も売ってないもんね」と伝えると、せいやさんは「えぇ!?」と再び驚愕します。ここで、フジモンさんは「だからもう何回も味わえるようにもうホンマギリギリの粉の量。これ以上薄かったらアカンし、これ以上濃かったらアカンぐらいの量がもう自分でわかってんのよ」と「粉末ジュース」の個人的な楽しみ方を解説しました。

ケンコバさんは「せいやが戦後復興芸人に引いてますよ」とツッコミを入れると、スタジオには笑いが。

さらに、ケンコバさんから「自動販売機にお茶と水ないねん」と改めて伝えられたせいやさんは「俺、マジで今日トークないですわじゃあ、戦後復興芸人…。自販機に水ないの衝撃ですよ」とジェネレーションギャップを目の当たりにして絶句していました。

■霜降り・せいやの反応に「こっちがびっくり」の声も

今回の放送について、ネット上では「駄菓子ダイスキ芸人かと思ったら戦後復興芸人だった」「アメトークで自販機に水売ってなかった事に驚くせいやをみてこっちがびっくり…なんならお茶も売ってなかったぞ…」「さすがのせいやくんもジェネレーションギャップを感じている」などのコメントが上がっています。

「自販機に水ないの衝撃ですよ」と先輩芸人とのジェネレーションギャップを感じて呆然としていたせいやさん。その表情が印象的でしたね。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.