“おまえも居づらいだろ”柊とさくらに共犯説が浮上?「3年A組」8話が話題

更新日:

2月24日に菅田将暉さん主演のドラマ「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」の第8話が放送されました。第2部のラストを飾る8話は、ドラマの主人公・柊一颯(菅田将暉)と学級委員・茅野さくら(永野芽郁)の関係に注目が集まっています。

「3年A組」8話のあらすじ

柊一颯(菅田将暉)によって、景山澪奈(上白石萌歌)の死の原因となったフェイク動画制作を依頼したことが判明した武智大和(田辺誠一)は、警察で取り調べを受けることになります。澪奈と会ったことは認めたものの、彼女の死に直接自分は関与してないと武智は、無実を訴えます。一方で、フェイク動画を依頼したのが武智とわかり、もうこれ以上人質にされる意味はないと感じた3年A組の生徒たちは、自分たちを解放するように柊に伝えます。すると柊は、武智の罪を認めつつ、これがすべてではないと告げ、武智のバックにはもっと恐ろしい黒幕がいることを示唆します。解放されないことに戸惑う生徒たちに、柊はこれまで没収していた鞄や携帯電話を返却し、家族に電話することなどを認め、今日1日は自由に過ごして良いと伝えますが…。

「おまえも居づらいだろ」柊の意味深なセリフが話題

「3年A組」8話で注目を集めたのが、「おまえも居づらいだろ」という柊がさくらに伝えた意味深な台詞。柊が3年A組の生徒を人質にとったのは、澪奈の死の真相とそこに関与した真の黒幕をあぶり出すこと。最初は、柊の目的と誠意を知らない3年A組の生徒たちは反発を覚える中、澪奈と親交のあったさくらは当初から彼に協力的でした。そうした中で、柊がさりげなくさくらに伝えた「おまえも居づらいだろ」という言葉に多くの視聴者が「引っかかる」と感じたようです。

柊とさくらに共犯説が浮上?

かねてから「3年A組」のホームページの座席表では、さくらだけクリックできないようになっていることが話題になっていました。そうしたこともあり、さくらは事件の黒幕では?という話がSNS上でささやかれてきました。さくらという言葉には、隠語で「偽客(さくら)」という意味があることも気になります。また、ホームページを良く見ると、柊とさくらが2枚の写真を使って見つめあっているように見えます。他にも、SNS上には「フェイク動画に柊先生と映っていた澪奈は、本当はさくらってことだよね」という指摘もあります。これは、澪奈と武智が会っていたとされる動画が実は、柊とさくらが映っている動画なのではという疑惑です。さくらには黒幕という指摘もあります。けれども、「茅野ちゃんは犯人とかじゃなくて共犯だと思うんだけど」「茅野も先生の共犯か」「これ1話以前から茅野ちゃんと共犯だったの先生?」という共犯説を唱える人もいて、むしろ、共犯と見た方が自然な感じがします。柊とさくらの本当の関係は、明らかになっていませんが、フェイク動画に映っている人物、柊が言う事件の黒幕を含めていよいよ最終章に突入する「3年A組」のストーリーから目が離せません。(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.