元「19」岩瀬敬吾『凄く複雑に入り組んでいるんですが…』と解散理由を語る! #じっくり聞いタロウ

更新日:

3月26日放送の「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(テレビ東京系)では、フォークデュオ・19の元メンバーだった岩瀬敬吾さんが出演。岩瀬さんは19解散理由を語り話題を集めました。

(画像:時事)

■岩瀬敬吾が登場!ブレイクしたのに…歩合制だった!?

1998年にデビューを飾った19は、翌年に大ヒット曲「あの紙ヒコーキ くもり空わって」をリリースして一気にブレイク。この曲の作詞は、326さんで作曲は連名で19名義だったそう。

これらの印税は、岩瀬敬吾さんと岡平健治さんで折半になるはずですがデビューからの約2年間は固定給で、岩瀬さんによると「最初は月給10万円」で、曲がヒットしたのにかかわらず印税は0円だったとのこと。

しかし、岩瀬さんは、曲が売れたことで給料制から歩合制に変えると「5000万円が振り込まれた」と言いますが「同じ柄の服を2枚買う」など金銭感覚が狂うことはなかったと語りました。

■岩瀬敬吾『凄く複雑に入り組んでいるんですが…』と解散理由を語る!

一時代を築いた19ですが、2002年に解散を発表。世間では、"金銭で揉めた"や"喧嘩別れ"で解散したなどの噂が囁かれましたが、岩瀬さんは「解散ですね…凄く複雑に入り組んでいるんですが若かったというのが一番大きいかもしれません。若いとどうしても猪突猛進というか、こう決めたらこうと健治くんも僕もあったので…」とそれぞれやりたいと思うことで妥協できず衝突するようになったと話しました。

次長課長の河本準一さんが「その時は喧嘩をして言い合える感じではなかった?」と聞くと、岩瀬さんは「大きい喧嘩も1個あったんですけど、自分の作品を世に放つまでは曲げられないところがお互いに強くあったので…。お互いに作曲をしていたので『先に出した方が分があるぞ』みたいな感覚。親友から始まったのでそういった感情のズレっていう寂しさもありつつ」とお互いに妥協できず軋轢が生まれてしまったことを明かしました。

岡平さんとは現在連絡を取り合っていないそうですが、岩瀬さんは19復活については「少しだけ考えたことはあった」とコメント。

岩瀬さんがそのことを岡平さんに伝えていないと話すと、ネプチューン・名倉潤さんが「勢いで言ったほうがいいよ!」と今すぐ連絡しようと伝えます。

ただ、岩瀬さんは「今は思ってないです」と過去には考えたこともあったが、現在は19を復活する気はないと明言しました。

■岩瀬敬吾の出演に反響

岩瀬さんが出演した番組について、ネット上で「復活はないとわかっていたけど期待した自分がいた。でも、久々に顔見れてよかった」「健治さんとは連絡とってないんだ…今後も19の復活はないんだろうけど、わずか3年ながら本当に今でも大好きです」「じっくり聞いタロウ に元19の岩瀬敬吾さん、解散理由を語ってる。元相方の自分で書いたかのようなウィキペディアを眺めると、岩瀬さんがいい人過ぎたんじゃ……と思ってしまう」などのコメントが上がっています。

曲がヒットしたのにデビューからの2年間は給料制で印税が入らなかったというのは驚いた人も多かったのではないでしょうか。そして、音楽面では妥協出来なかったというのもミュージシャンならではの解散理由なのかもしれませんね。

【番組情報】
じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~
あの出来事のヤバい真相SP
https://tver.jp/episode/70071038
(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.