天才オセロ少年・福地啓介くんが乗った飛行機さらに奇跡が起こる!“素敵なお話”と話題♡

更新日:

“オセロ界の藤井聡太”こと小学5年生の福地啓介くんがプラハで開催された「第42回世界オセロ選手権」で史上最年少で優勝を飾る快挙を達成しました。この福地啓介くんの歴史的快挙の帰りのフライトで起きた出来事が奇跡だと話題を集めています。

史上最年少でオセロ世界一に輝いた福地啓介くん!

チェコの首都プラハで開催された「第42回世界オセロ選手権」で神奈川県在住の小学5年生の福地啓介くんが優勝を飾りました。これまでの優勝最年少記録は15歳でしたが、福地啓介くんは記録を大幅に更新する11歳と128日で優勝を果たし、オセロ世界一の史上最年少記録を36年ぶりに更新。福地啓介くんの歴史的な快挙には「只者ではないオーラ持ってる」など賞賛するコメントが多数寄せられています。

福地啓介くんの帰りのフライトで起きた奇跡が話題!


福地啓介くんが史上最年少の11歳で「世界オセロ選手権」で優勝を飾ったのも凄いことですが、帰りのフライトでも奇跡が起きました。プラハから帰路につく福地啓介くんの飛行機で機長を務めたのが谷田邦彦さん。実は谷田邦彦さんは1982年の「オセロ世界選手権」で当時の最年少記録となる15歳で優勝を飾ったことがあります。そんな谷田邦彦さんが機長を務める飛行機に史上最年少記録を更新した福地啓介くんが乗っていた巡り合わせが奇跡だと話題を集めているのです。機内で谷田邦彦さんが、自身の経歴と合わせて世界チャンピオンになった福地啓介くんを紹介すると乗客からは拍手がわき起こることになりました。

奇跡のフライトへのネットの反応

新旧のオセロ世界一最年少記録保持者が機長と乗客という形で同じ飛行機に搭乗したという奇跡には「ホッコリする」「2人の少年に向けられた最高の拍手」などのコメントが寄せられています。

ちなみに、谷田邦彦さん「100%偶然でこれはまず無いことです。多くの幸運が重なり実現できた機会とご理解いただければ幸いです」コメント。福地啓介くんと谷田邦彦さん素敵な2人の関係に拍手を送りたくなりますね。(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.