木村拓哉、スタッフの時計チラ見にチクリ「若干ない?俺らがスタジオで話している間…」驚きの収録時間明かす

更新日:

木村拓哉さんが毎週日曜日にパーソナリティを務めるラジオ番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」(TOKYO FMほか)。9月27日の放送では、木村さんが現在CMに出演している日産自動車の自動運転システムを体験した際のエピソートやゲストがきた時の収録時間を明かし、話題になりました。

■自動運転をする矢沢永吉のCMに木村拓哉「いや、それはないでしょ~」

番組では、現在木村さんが出演する日産自動車のCMについて、リスナーから届いた「撮影お疲れ様でした」というメッセージを紹介しました。

木村さんが「CMやらせて頂いて、自動運転システムというのも本当に実体験したんですけど」とコメント。

車の自動運転に関して、映画の世界だと考えていたという木村さん。以前、日産自動車のCMを務めていた矢沢永吉さんがCMの中で運転中に手を放す場面では「いや、それはないでしょ~」と本気で思っていたそう。

そして、実際に首都高速でスカイラインの自動運転を体験することになり、ボタン一つで自動走行開始になると説明を受けたのだとか。

さらに、ボタンを押した後はハンドルもアクセルも放した状態で構わないと伝えられたとのこと。

木村さんは「『嘘でしょう?!これ高速(道路)だよ?!』って思ったんだけど、そこは『行ってみますか』って言って」と、半信半疑で自動運転体験が始まったと言います。

「マジか~!!」と思いながらも、ハンドルとアクセルから離して、自動運転に身を任せたという木村さんが「自分がハンドル持ってるよりスムーズでしたね」と、意外にも乗り心地が良かったと語りました。

■木村拓哉、自動運転の凄さを語る!「小っちゃいおじちゃん入ってんじゃないのかな?」

木村さん曰く、自動運転システムでは、車が自動的に道路標識や車線などを認識してくれるということです。

また、人間の目の動きも車が認識し、わき見運転や居眠り運転をした場合、警告音が鳴るようなシステムも搭載されているのだとか。

そして、走行中に運転者が突然病気などで運転ができなくなった場合は、自動的にハザードランプが付き、左側に寄って停車するという機能まであるとのこと。

これに、木村さんは「これ何!?っていう…いつの間に誰が作ってたの!?っていう自動運転でしたね」とコメント。

続けて「誰か小っちゃいおじちゃん入ってんじゃないのかな?っていうくらいの、すんごい小っちゃいおじちゃんが違うところで一所懸命スカイラインを動かしてるんじゃないかな?って思いたくなるぐらいのクオリティですね」と、自動運転システムの凄さに驚いたことを明かしました。

■木村拓哉、スタッフの時計チラ見にチクリ「若干ない?俺らがスタジオで話している間…」驚きの収録時間明かす

次に、これまで木村さんのラジオ番組を聞いた事がなかったというリスナーが、ファンである伊藤健太郎さんがゲストで出演したことを機に、木村さんのラジオを聞くようになったとのメッセージを紹介。

木村さんが「どうだったんだろうね?健太郎とのトークは。ていうかいつも気付くと2時間以上話してるもんね」と、ゲストとの実際のトーク時間を告白。

次に「若干ない?俺らがスタジオで話している間、ちょとサブにいてるスタッフは、チラッチラッ時計見るよね?」と、スタッフが時間を気にしていることについてチクリ。

最後に「それぐらい来てくださる人がリラックスして、気付けば2時間以上話してるっていう時間は非常に楽しいし、来てくれたことに対して嬉しいし感謝だし、豊かな時間がいつも流れているな~っていうのは思いますね」と、ゲストに感謝の気持ちを表しました。

ネット上では「『小っちゃいオジちゃん』って表現が拓哉君らしくて笑った」「ちっちゃいおじちゃんにめっちゃ、ツボった」「自動運転ってそこまで進化してるんだぁ」などの声が上がっています。

今回、自動運転の実体験を語ってくれた木村さん。"小っちゃいおじちゃん"が入っているという表現が、分かりやすくて面白かったのではないでしょうか。

【番組情報】
木村拓哉 Flow supported by GYAO!
http://radiko.jp/#!/ts/FMT/20200927113000
(文:ししまる)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.