相葉雅紀『嵐とは…僕の全てですね』自身が語った"苦しい時"そして"グループ愛"にファンも感動!

更新日:

8月23日放送の「Love music」(フジテレビ系)では、トークゲストとして嵐の相葉雅紀さんが登場。嵐について「僕の全てですね」と語る相葉さんの姿が話題を集めました。

■相葉雅紀が語った"苦しい時"とは?

今回のゲストは、26日に同局で放送される「FNS歌謡祭 夏」で司会を務める嵐の相葉雅紀さん。

番組では、さまざまな嵐の楽曲の中でも特に「励まされ楽曲」は何か尋ねられた相葉さんが「ナイスな心意気」をあげます。

この曲を選んだ理由について「これをリリースするぐらいのタイミングで、僕、肺が破れてしまって。それで、お医者さんに、このままね、歌って踊っていうのは結構癖になっちゃうから、難しいかもしれないみたいなことを言われたんですよ」と打ち明けます。

続けて、相葉さんは「凄い落ち込んで、メンバーにも申し訳ないし、どうしたいいんだろうっていう時に、この歌がリリースで、この歌詞に救われたというか…。『今がすべてじゃないからあんまりムキになんなよ』とか、本当にその時に刺さることがたくさん入ってる」と、この曲の前向きな歌詞に励まされたことを明かしました。

また、司会の森高千里さんが「嵐のメンバーが…どういう風に声かけられたとかありますか」と訊くと、相葉さんは「本当にお大事にっていう声はみんなメールでもらってんですけど、僕がやらなきゃいけなかった、もらっていた仕事っていうのもメンバーが割り振って全部やってくれたりだとか、本当、頭上がんないすね」と、苦しい時を支えてくれた嵐のメンバーに感謝を伝えます。

■相葉雅紀『嵐とは…僕の全てですね』グループ愛にファンも感動!

ここで、森高さんが「改めて相葉さんにとっての嵐とはどういう存在なんですかね?」と尋ねると、相葉さんは「嵐とは…僕の全てですね。なんか嵐を離れる、気持ち的に離れる瞬間が20年間の間でないんですよ。今は『相葉雅紀だ、イェーイ』みたいな、あんまり切り替えっていうのができなくて、今は僕の全てなんですよね」と語り、嵐愛を爆発させます。

続けて、森高さんが「それだけ、どっぷりと嵐の中に入ってるっていう感じですね」と気持ちを代弁するように話すと、相葉さんは「そうですね、本当、夢の中にいるみたいな感覚でもあるし、でも、現実で…。でも、それも、やっぱり本当に嵐っていうものをドンドン、ドンドン、大っきくしてくださった、応援してくれてるファンの皆さんが作り上げているものだと思うので、本当、日々感謝しかないです」と熱い思いを語りました。

今回の放送について、ネット上では「辛かった思い出も笑顔で語れるようになった相葉くん、もうそれだけでうれしいのに、嵐とは僕の全てですねってなんの迷いもないこの一言で涙腺崩壊」「嵐の絆、大切さを改めて教えてくれた気がします」「『嵐は僕の全て』って言いきれる相葉ちゃんが愛おしいし、それを言いきれるメンバーがいる嵐が愛おしい」などのコメントが上がっています。

嵐について「僕の全てですね」と言い切る相葉さんのコメントに、グッときた人は多かったのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.