京都の町から苦情!?渡辺美里「電話がたくさん入ったとか…」

投稿日:2022/12/29 16:17 更新日:

12月26日、歌手の渡辺美里さんがパーソナリティをつとめるラジオ「渡辺美里のLive Love Life!」(bayfm)が年内最後の放送。

今年一年を振り返る中で、世間を驚かせているとあるニュースに触れ注目を集めています。

渡辺美里

(画像:時事)

■渡辺美里、児童虐待ニュースに触れ幼稚園の先生や保育士を激励

年内最後の放送ということで、渡辺さんが今年一年の出来事を振り返っていきます。

リスナーから、昔、高校生の時にラジオにメッセージを送ったところ渡辺さんに読んでもらえたというエピソードが届きます。

メッセージを読んだ後、渡辺さんはリスナーが幼稚園の先生をしていることに触れ「ニュースではね、叫びたくなるような、そして心が苦しくなるようなニュースもたくさん届いてる」と、保育園での児童虐待のニュースについてコメント。

しかし、渡辺さんは「ほとんどがね、大きな愛をもって接してくれてる幼稚園の先生、保母さんがほとんどだと思う」と、多くの幼稚園の先生や保育士がきちんと愛をもって園児に接していると主張します。

そして「ああいうニュースが払拭されるような愛をいっぱい届けてください」とメッセージをくれたリスナーに呼びかけました。

■京都の町から苦情!?渡辺美里「電話がたくさん入ったとか…」

今年6月には、京都の上賀茂神社で開催された「葉加瀬太郎音楽祭」に出演した渡辺さん。

音楽祭では「二条城のあたりまで私の声が聴こえていたとか聴こえてなかったとか。それぐらい声が響いていて」と、自身のボーカルが京都の町にとてもよく響いていたことを明かします。

そして「京都の町から『えらい声が大きいんですけど』っていう電話がたくさん入ったとか入んなかったとか」と冗談交じりに言う渡辺さん。

「ボーカリストとして勲章のような苦情の電話でした」と笑い、音楽祭出演の成功を喜びました。

■渡辺美里の2022年にリスナー「今年もたくさん感動をいただきました」

他にも、リスナーからのメッセージを紹介しながらコンサート活動や今年一年の思い出を振り返った渡辺さん。

『愛のお仕事』や『ぼくらのアーチ』といった人気曲もオンエアされました。

今週の放送に対し、ネット上では「今年最後の放送は美里さんからの愛いっぱいでした」「美里さんと一緒に振り返る1年。物語は続いてゆ!く!今年もたくさん感動をいただきました」「今年を振り返る美里さんに自分の思い出を重ねてじーんとする」との声が上がっています。

リスナーの中には、渡辺さんのコンサートに行き楽しんだ人もたくさんいるよう。

渡辺さんのトークを聴きながら、コンサートに行った時の思い出をよみがえらせたリスナーも多いのではないでしょうか。

年内最後の放送とのことで、来年への抱負も語った渡辺さん。2023年も精力的な活動を予定している渡辺さんから目が離せませんね。

【番組情報】
渡辺美里のLive Love Life!
http://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20221227003146

(文:二木もなか/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2023 All Rights Reserved.