故・逸見政孝アナウンサー「俺の代わりに泣いてくれたよ」これまで明かされなかったガン公表前の様子

投稿日:2022/09/25 13:00 更新日:

9月24日、フリーアナウンサーの古舘伊知郎さんのYouTubeチャンネル「古舘伊知郎チャンネル」では、アナウンサーの故・逸見政孝さんについて語る動画を公開。亡くなる直前の逸見さんとのエピソードを語り注目を集めています。

(画像:時事)

■古舘伊知郎、最期まで名アナウンサーだった逸見政孝さんを語る「本当は古舘君、ガンなんだよ」

生前の逸見さんと交流があったという古舘さん。ある時、逸見さんの新居に呼ばれたため、古舘さんは花を持って訪れたことがあったそうです。

そこで逸見さんから「十二指腸潰瘍だと言ってるんだけども、本当は古舘君、ガンなんだよ」と告知。当時、逸見さんは世間にガンであることを伏せ、表向きは十二指腸潰瘍ということにしていたのです。

それを「古舘君だから言うけど」と、世間に公表する前に古舘さんに教えてくれたそう。古舘さんは「私はその時にもう、涙が出ましたね」と当時を振り返ります。

「泣きじゃくること自体が俺の中でとっても甘えなのよ」と古舘さん。「逸見さん本人が泣いてないんだから。客観視してるんだから。強さよ」と、毅然としていた逸見さんの強さを語ります。

古舘さんは「泣く強さもあるし、泣かない弱さもある」とした上で「だけど、逸見さんは客観視することで自分の辛さみたいなものを突き放してた」と、当時の逸見さんの心境を分析。当時の逸見さんの様子について、まるで自分自身を「アナウンスしていた」かのように見えたと言います。

「自分を突き放すことで、あと、アナウンスメントするしかないじゃん」「代わりに俺が泣きじゃくっちゃったみたいな」と、逸見さんを前にして涙を止められなかったそう。

また、後から奥さんが部屋に入ってくると、逸見さんは「古舘君、俺の代わりに泣いてくれたよ」と言ってくれたとのこと。その後、逸見さんは記者会見を開き、ガンであることを公表しました。

■手術後の逸見政孝と交わした最後の会話「もうこれ以上やることはないから」

記者会見後、病院で大手術を受けた逸見さんを古舘さんは見舞いに訪れます。

当時の様子を「浴衣姿だったね、逸見さん。ベッドに横たわっていて、少しリクライニングで上半身上げてくれて」と振り返る古舘さん。

ベッドの上で逸見さんは「えらい手術だったよ。でもやるだけやったよ。もうこれ以上やることはないから」と話したそう。古舘さんは何も言葉を返せず、ただ「横に一緒にいさせてもらうことだけ」だったと言います。

それから少し会話をし、逸見さんの方から「忙しいだろうから古舘君」と気遣ってくれたそう。古舘さんは「俺も月並みに『お疲れでしょうから』と言って、最後に『そいじゃ、また来ます』っていう月並みなこと言って」帰ろうとします。

帰り際の様子を「逸見さんも手上げてくれて、もう日が陰ってたけどね、夕暮れ時になって、窓辺の風景覚えてますよ、枕元と」と語る古舘さん。その数日後、1993年12月25日のクリスマスに訃報が届いたそうです。

■逸見さんの人柄に視聴者も感動「まさしく人としても鑑」

他にも、古舘さんが姉をガンで亡くした際に逸見さんが送ってくれたという達筆の素晴らしい手紙の話や、逸見さんの真面目な仕事ぶりなどが語られました。

今回の動画に対し、ネット上では「当時高3でした。とても衝撃を受けました。古舘さんの大切なエピソードありがとうございました」「逸見さんはアナウンサーとしてだけでなくまさしく人としても鑑のような誰からも好かれる方でしたね」「逸見さんの話を聞くと涙が出てくる」との声が上がっています。

没後約30年を経た今でも、国民的人気アナウンサーとして語られる逸見さん。その素晴らしい人となりが伝わってきましたね。

【番組情報】
古舘伊知郎チャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=XKe2fwWVM4g
(文:二木もなか/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.