眠れない夜を過ごす福山雅治、ついに辿り着いたベスト夜食とは…?「これだ!これだったら良い!」

投稿日:2022/08/14 16:30 更新日:

毎週土曜日の深夜0時から放送されているラジオ番組「福山雅治と荘口彰久の『地底人ラジオ』」(interfmほか)。8月13日の放送では、福山雅治さんが眠れない夜の過ごし方を明かし話題となっています。

福山雅治

(画像:EPA=時事)

■福山雅治、分割して寝る癖が付いている?「ほんとはこれ良くないらしいけどね」

今回の番組では、ライブへの熱いこだわりや、入念な準備をした上で良いものを作り上げているという話題から、福山さんは「物を1個やるにしても準備がやっぱり必要だなっていうのが、どんどん年々ね、あるので。だけど準備もしてるようでしてないように見える。何やってるかって言うと具体的にやってるように誰にも見えてないと思うんだけど」と切り出します。

「頭の中とかでもずーっと考えてるんですよね」という福山さん。夜中になっても心休まらない日々を過ごしているようで「でも夜さ、ほら、荘口さんも晩酌する人だから(わかると思うけど)」と、荘口彰久アナウンサーに理解を求めます。

福山さんが「1回寝て、まあ2、3〜4時間したら必ずおトイレに起きるでしょ?その後またすぐ眠れる?」と質問を投げかけると、荘口アナウンサーは「いや、そこでもう一回『どっこいしょ』って、タブレットでYouTubeをじーっと見たりとかして」と自分なりの過ごし方を話しました。

「分割して寝る癖が付いちゃって」と話した荘口アナウンサー。福山さんも「そうなんだよね。ほんとはこれ良くないらしいけどね」と共感しました。

■眠れない夜を過ごす福山雅治、ついに辿り着いたベスト夜食とは…?「これだ!これだったら良い!」

続けて、福山さんは「でも長い時間寝れないから。で、そうやって考えるわけ。分割して寝る時に、お腹空いてない?」と質問します。

荘口アナウンサーはチーズを切るなど何かしらするのだそう。そのような状況下で何がベストなのかを考えた結果、福山さんは「豆腐」という結論に至ったと言います。

「昨日『これだ!これだったら良い!』と思ったのが、お豆腐あるじゃない?お豆腐をそのままお皿に移して、レンジで1分半くらいチンすると、汁のない湯豆腐みたいな状態になって。それに、ポン酢かけてザーッと流し込むと、お腹にも優しい」と話しました。

■福山雅治「改めて豆腐ありがとう!」

福山さんは豆腐という選択肢を見つけて「これは良い。これだったら、食べてすぐ寝ても戻ってこないやつだ」「俺にとってはそれはすごい大事だから。冷やすもんでもないし、逆流するもんでもないし。豆腐良いよ」と嬉しそうにします。

温める時間は「1分20秒でもいいかな」とこだわりも明かし、荘口アナウンサーを笑わせました。

さらに「薬味もあってもなくてもどっちでもいいけど」と話す福山さんに、荘口アナウンサーは小ネギを提案。しかし、福山さんは「小ネギ切ってると目冷めるじゃん」と却下。

福山さんは「小ネギ食べた後の寝息が嫌じゃない?だからネギなしの方がいいよ、むしろ」と話したあと「いや、これオススメだから。夜中フッっと起きて、『うわ、すげえお腹空いた』ってなった時に、コンビニで売ってる小ちゃいさ。絹でも木綿でもなんでもいいんだけど」と、おすすめの"夜食"を明かし「改めて豆腐ありがとう!」と締めくくりました。

ネット上では「レンチン豆腐、真似しよう!」「豆腐のレンチンは大豆本来の味が楽しめるからおすすめですよ!!」「豆腐良いな、明日売れますね」と、共感する声や、その影響力を心配する声などがあがりました。

自分の健康のため、体のためにベストな選択肢を探し求め、豆腐を見つけた福山さん。テンションの上がっている様子が非常に面白かったですね。

【番組情報】
福山雅治と荘口彰久の「地底人ラジオ」
https://radiko.jp/share/?sid=INT&t=20220814000000

(文:横浜あゆむ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.