「カス芸人」裏でスタッフに言われていたマヂラブ、ライブ中マジギレ「クソつまんねぇから客来ないんだろ」

投稿日:2022/08/09 14:08 更新日:

8月8日の「証言者バラエティ アンタウォッチマン!」(テレビ朝日系)では「大宮セブンSP」と題した企画を放送。囲碁将棋・根建太一さんがマヂカルラブリー・野田クリスタルさんの「怒りの原点」を明かし話題を集めました。

野田クリスタル

(画像:時事通信フォト)

■「カス芸人」裏でスタッフに言われていた…

今回特集する「大宮セブン」は、大宮ラクーンよしもと劇場を主な活動拠点としている吉本興業所属のお笑い芸人によるユニットのこと。

「大宮セブン」の代表格である「M-1グランプリ2020王者」のマヂカルラブリー・村上さんは「普通のルートはルミネtheよしもとに出れるルートなんですよね、成功ルートは…。『そっちはないですよ』のルートに入ったっていう感じですよね」と都落ち的な挫折感があったと当時の記憶を回顧。

また、村上さんとサルゴリラ・赤羽健壱さんのトークライブの観客は3人だった事もあるほど「大宮セブン」は集客に苦労する事があったとのこと。

囲碁将棋・文田大介さんは「マヂカルラブリーとか囲碁将棋みたいなカス芸人と喋んな」とルミネtheよしもとの社員に言われた事を告白。

続けて、根建さんは「野田くんの怒りの原点ここなんですよね」と、この出来事が野田さんの反骨心につながっている事を明かしました。

■ライブ中マジギレ「クソつまんねぇから客来ないんだろ」

そんな「大宮セブン」への風向きが変わったのが2017年頃から賞レースのファイナリストになる「M-1」優勝間近の芸人が増えていったとのこと。

賞レースに強い理由について根建さんは「支配人の方が全然試していいよって、ウケとか度外視にするからって言ってたので」と支配人の意向もあり挑戦的なネタを観客の前で発表できる環境があった事をあげます。

そんな支配人は芸人達に営業の仕事を回し、劇場の赤字分を補っていたとのこと。

また、文田さんは「そのライブもつまんなかったんですよ。作家が作ってきたよくあるコーナーをやって、終わるってる中で急にライブ中にマヂラブの村ちゃんがキレちゃって『つまんなすぎる。来るな、お客さんも。ちょっとでも来るから誰も反省しないから来んな』」と村上さんが激怒する事件が起きた事を明かします。

そんな村上さんは「大宮セブンの軍団としてのあり方の話なんですけど、大宮セブンライブにどうやったらお客さんが入るかを会議するライブ。僕が『ライブがクソつまんねぇから客来ないんだろ』って」と話し当時の記憶を回顧。

続けて、村上さんは「コンビで企画を1個ずつ背負って毎回それ考えて来てやったらいいんじゃないかっていうのはやりましたね」と意識改革を訴えた事を明かします。

ちなみに「ホウキ-1グランプリ」というホウキを相手に漫才をするトリッキーな企画にマヂカルラブリーが参加した事があったとのこと。

■「大宮セブンSP」に反響

今回の放送について、ネット上では「マヂラブ村上さんが熱いってエピソードはちらほら見え隠れするんだよね大宮セブン内だと」「大宮セブン取り上げてくれたー!わたしの懐かしの庭大宮!盛り上げてくれてて感謝!嬉しい!」「マヂラブが自分たちだけじゃなく皆と共に売れようとする理由がよくわかる…全員売れてこそなんだろうな!胸熱」などのコメントが上がっています。

ライブ中に真剣に怒って「大宮セブン」の改革を訴える村上さんの熱い言葉が素敵でしたね。

【番組情報】
証言者バラエティ アンタウォッチマン!
https://tver.jp/episodes/ep7tle8otd

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.