ゆきぽよ 反抗期で高1留年?母の夢叶え「最高に…」親子愛に"泣いた"と感動の声

更新日:

6月3日放送の「人生が変わる1分間の深イイ話」に人気モデル・ゆきぽよさんの母ミッシェルさんに密着。ゆきぽよさんがミッシェルさんのために行ったサプライズプレゼントに「親孝行」と話題になっています。

ゆきぽよの母ミッシェルに密着

ゆきぽよさんの母親ミッシェルさんに密着することになった3日放送の「人生が変わる1分間の深イイ話」。フィリピンの田舎町で6人兄弟の4番目として生まれたミッシェルさんは、当時、事務所に入りレッスンも受けていましたが、家計を助けるため事務所を辞めて19歳の時、出稼ぎのため来日。

ホステスとして働き始めたミッシェルさんですが、当時は日本語が全然話せなかったため苦労も多かったそうです。そして、29歳の時に会社員の男性と結婚、翌年にゆきぽよさんが生まれます。ちなみに、ゆきぽよさんが「めっちゃスパルタだった、昔。怖い人でしかなかった」と語るように、家でのお手伝いや礼儀にはとても厳しかったとのこと。

反抗期乗り越え「最高に感謝してる」親子の絆語る

ただし、反抗期になるとゆきぽよさんは、夜遊びや家出を繰り返し、高校1年生で留年するなど荒れてしまったそう。ミッシェルさんは何日も寝込むなど悩んだそうですが、「家にいる時間も長くなったし、(母親と)話す回数が増え」るようになり、母親に向き合うようになったゆきぽよさんは、「高校だけは卒業する」と約束し、無事卒業。

母・ミッシェルさんへ「最高に感謝してる」と感謝の言葉を送ります。また、母・ミッシェルさんも自分が叶えられなかった夢を叶えて芸能界で活躍する娘に「誇らしい気持ちでいっぱい」とコメントしました。

ゆきぽよから母へサプライズプレゼント

ゆきぽよさんは、今まで育ててくれたことへの感謝の意味を込めてミッシェルさんに箱根の日帰り旅行をプレゼントします。旅行を楽しんだ後にゆきぽよさんがサプライズで母のために用意したのがウエディングドレス。

これまでウエディングドレスを着たことがなかった母のために「ウエディングフォト」をプレゼントしたのでした。ウエディングドレスでの撮影を心ゆくまで満喫するミッシェルさんとゆきぽよさん。人生を生き抜くための方法はという質問に2人は、「適当にやればいいんだよ。なんとかなるんじゃね」とコメント。ゆきぽよさん親子は、ポジティブシンキングで人生の荒波を乗り切っていると明かしました。

ゆきぽよの親孝行に反響

ネットでは、番組を見た人から、「ゆきぽよ親孝行で泣いた」「ゆきぽよの親孝行まじリスペクト」「ゆきぽよママ可愛すぎない?ウェディングドレス姿素敵だったな〜笑顔が可愛い人は何着ても似合うね!」などの声があがっていました。

ミッシェルさんは人生苦労したこともあったとは思えないほど明るくて、とにかくパワフルで面白い人ですね。また、ゆきぽよさんがウエディングドレスをミッシェルさんに着せてあげるシーンは最高の親孝行だと感じた人が多かったようですね。(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.