キスが上手すぎる俳優が女優たちの間で話題に!?山口紗弥加「天国まで一瞬で連れて…」超絶テクニックを告白

更新日:

1月26日放送の「ボクらの時代」(フジテレビ系)に、安達祐実さん、山口紗弥加さん、貫地谷しほりさんが出演。山口さんがある俳優のキスを絶賛する場面が話題となりました。

(画像:時事)

■山口紗弥加が語る女優人生の転機とは?

1991年にドラマ化された不朽の名作「東京ラブストーリー」(フジテレビ系)に出演していた鈴木保奈美さんに憧れて女優を志したという山口紗弥加さん。

今や山口さんもトップ女優として名を挙げられるほど有名ですが、過去には女優を辞めようと思っていたことがあったことを明かします。

山口さんによると22歳ごろ、本来は女優をやりたいのに仕事がバラエティ中心になり「バラエティで頑張れば頑張るほど、女優の道が遠ざかる…」と"自分が進む道はこれ良いのか?"と悩んでいたとのこと。

そうした中、山口さんは2003年に野田秀樹さん作・演出の舞台「オイル」で、この作品を最後に女優を引退する覚悟で臨みました。舞台に出演してみると山口さんは「お芝居ってこんなに楽しいの?」と演じることの喜びを改めて実感したそう。

続けて、山口さんは稽古中は上手く演じることが出来ず苦しかったとしつつ「だからこそ本番がすごく楽しかったみたいで、辞めたくないって思っちゃった。何でもいいからしがみ付きたいって思って、そこから今の私がいるっていう感じ」と、この作品を通じて女優を続けようという覚悟が決まったと語りました。

■キスが上手すぎる俳優が女優たちの間で話題に!?山口紗弥加「天国まで一瞬で連れて…」超絶テクニックを告白

また、山口さんが印象深いと語るのがある作品でのキスシーン。具体名を出しませんでしたが、山口さんはその作品でのキスシーンについて、「初めてふわって。何て言ったらいいんだろう。マシュマロを食べたんじゃないかっていう。今、マシュマロにキスされたんじゃないかって思ったようなキスが1回だけあって。ふわって天国に一瞬で連れてかれたみたいな」とコメント。

恍惚とするキス体験を振り返る山口さんの言葉に興味津々の貫地谷しほりさんは「それ疑似恋愛ですよ!」と伝えるも、山口さんは「違う違う。でも、これは何なんだろうと思ってその俳優さんとキスシーンがあったもう1人のその女優さんに『ねえねえねえあの人のキスってどうだった?』って聞いたの。そしたら『すっごい上手だった』って」と、2人共通してその俳優のテクニックには感動を覚えたと言います。

すると、安達祐実さんは「今、俳優さんたちこの番組見てたら、そんなに風に思われているんだって(驚くだろうな)」と語り、山口さんの女優ならではの体験に笑みをこぼしました。

山口さんのキスエピソードには、ネット上で「『ボクらの時代』で山口紗弥加さんが話していた俳優さんとのキスの話。朝から、ちょっと興奮した…」「山口紗弥加ちゃんが言ってたキスがうまい俳優さんって誰だろう?」「山口紗弥加さんのキスシーンの御相手が気になるボクらの時代、女子トークおもしろかったー」などのコメントが上がっています。

相手の俳優さんの名前を伏せていたこともあって、"マシュマロキス"の相手が誰か気になった人も多いのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.