松本人志セクハラ発言釈明に賛否?"セクハラは男の…"三浦瑠璃のお灸がきいた「ワイドナショー」が話題

更新日:

1月20日放送された「ワイドナショー」の冒頭で、ダウンタウンの松本人志さんが先週炎上したHKT48・指原莉乃さんへのセクハラ発言について言及。松本さんのコメントには賛否両論がありますが、ゲストで登場した三浦瑠麗さんの冷静なコメントに反響が寄せられています。

画像は番組公式ページより

セクハラ発言問題について自ら言及

NGT48・山口真帆の暴行被害問題について議論が交わされた13日放送の「ワイドナショー」で、HKT48の指原莉乃さんに対して「お得意の体を使って何とかするとか」などの発言をした松本人志さん。この発言がセクハラなのでは?と炎上することになりました。20日の放送で先週の発言についてコメントを求められた松本さんは開口一番、「僕は今日をもってですね、無口なコメンテーター、新しいジャンルで。ギャラ泥棒になっていこうかなと思っているんですけどね」とコメント。笑いを交えて語り始めた松本さんは、続いてネット上であの発言部分はカットすべきだという意見についても言及。「この番組はできるだけ僕の発言をカットせず使っていきたいという暗黙の了解がある」と話す松本さん。カットせずに放送したのは、改めて見て「鬼のように滑っていたで、恥ずかしくて言えなかった」と説明します。

「炎上はこの先もしていくと思う」周囲にお礼も

今回の炎上した件について、松本さんは「炎上はこの先もしていくと思うんです。炎上によって得るものもあるし。大火事になったときに大切なものが見えてくるし。」とコメント。さらに続けて、「(炎上したときに)消化器を持って駆けつけてくれる人が誰かもわかる」と語る松本さん。「松本さんが干されますように」というツイートで、いじりつつもセクハラ発言について注意した、指原さんや高須克弥院長、三浦瑠璃さんらを例に助けれた面々についてお礼の言葉を述べます。

「セクハラは男性の妄想」と語る三浦瑠璃

先週の発言について弁明した上で、「親しくても、テレビに出た時は堅苦しく話せない」と愚痴をこぼす松本さん。そんな松本さんについて、「(対面)とりあえず今日は松本さんにお灸をすえにきた」と話しかける三浦さん。言葉に対して、出演者のプライベートな関係と視聴者側が受ける印象にはずれがあるとした上で、「セクハラ発言は男性の妄想からきてる」とコメント。そうした男性の妄想とは関係のない指原さんに、前述のような言葉をかけたことについて苦言を呈す形になります。ちなみに、三浦さんの言葉に対して、松本さんは「お灸をすえにきたって言われた時、ゾクッとした」と話し、爆笑を誘いました。

松本人志のコメントに賛否両論

放送を見た人からは、「いやー、スベったはちょっと言い訳としてはどうなの」「松っちゃんのコメントも思ってた通りの感じ…反省とかないんやね」など厳しい意見も出ています。けれども、「三浦さんめちゃいい事言ったよ」「今日出ている女性の方は冷静で綺麗な言葉遣いが見やすい」という指摘もあります。三浦さんの「信頼関係があった上でのあの言葉が出た」という前提を話すことで当人同士は炎上状態にないことを示しつつ、「セクハラ=男性妄想」という例えで、松本さんに苦言を呈したのは見事でした。また、松本さんのその場で注意できなかった古市さんと乙武洋匡さんに対しても、三浦さんは「古市、乙武ちょっとだらしない」とコメント。女性ゲスト1人だった指原さんをフォローしつつ、他のメンバーが松本さんに注意できなったことにも言及しています。あの発言に関しては松本さんがそのことを素直に謝罪しなかったことには賛否があるようですが、三浦さんが松本さん・古市・乙武さんに対して、テレビを使って文字踊り「お灸をすえた」ことで、鎮火に向かっているようです。また、三浦さんは松本さんに面と向かって苦言を言える貴重な人材のようですね。(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.