キンプリファンが増えそう?実写映画「うちの執事が言うことには」映像解禁が"エモい"と話題

更新日:

若き当主と仏頂面執事の不本意コンビが、上流階級で巻き起こる難事件を次々と解決していくストーリーが人気のミステリー小説「うちの執事が言うことには」の実写映画化作品の主演にKing & Princeの永瀬廉さんが、執事役に清原翔さんが抜擢されました。さらには重要なカギを握る人物役として、同じくKing & Princeの神宮寺勇太さんが抜擢されました。

映画の特報映像が解禁!

原作は、2014年3月に角川文庫にて刊行されるや、その個性豊かで魅力的なキャラクター達が織りなす独特の世界観が支持され、瞬く間に9巻までシリーズ化され、累計35万部となっています。また、2015年11月からはコミックス化(あすかコミックスDX1~8巻)もされ、更には2017年3月から新シリーズ「うちの執事に願ったならば」(1~4巻)も立ち上がる等、もはや勢いが止まらぬヒットシリーズです。英国帰りのメガネ男子で、社交界の名門・烏丸家第27代当主となる主人公・烏丸花穎(からすまかえい)役には、King & Princeの永瀬 廉が挑みます。King & Princeとしては「シンデレラガール」でCDデビューを5月23日に控え、まさに人気沸騰中。永瀬自身は過去に、ドラマ「信長のシェフ」(13年/テレビ朝日)や映画『忍ジャニ参上!未来への戦い』(14年/井上昌典監督)等に出演していますが、本作が映画初主演となります。また、同じくKing & Prince神宮寺勇太も出演が決定!名門・赤目家の御曹司で、大学生ながらスイーツ店のオーナーも務める赤目刻弥(あかめときや)役で銀幕デビューを飾ります。

20日には「うちの執事が言うことには」の特報映像が解禁され、予告映像やメイキング映像が見られるようになると、ネット上では「楽しみ」、「ビジュアルがよすぎる」、「早く見に行きたい」などの期待や喜びの声がたくさん溢れていました。撮影終了時に、永瀬廉さんが感極まって涙を流しているシーンも特報映像の最後の方で流れ、このシーンに多くのファンが「頑張ったね」などねぎらう声がネット上にあふれていました。

「ビジュアル良すぎ」「ファン増えそう」期待の声が続出

たった数分の予告しか流れていないのにも関わらず、これほどまでに人々の関心を得ているのは、原作がとてもヒットしたということに加えて、デビューしたばかり既にブレイク中のKing & Princeのメンバーが出演しているということもあるようです。

一方でビジュアルが何か違うと不満の声を上げている人も?!

一方、一部の視聴者からは原作とキャラが合っていないと不満の声を漏らしている人もいました。しかし、これまでにも多くの漫画や小説が実写化されてきましたが、キャラが合っていないという意見は毎回のように挙げられていました。実写化といえども多少オリジナルの部分はあるので、キャラが違うように感じられる人も多いかもしれませんが、1つの作品だとして楽しんでみるのもよいかもしれません。期待の声がたくさん上がっている中、どのような仕上がりになるのでしょうか。2019年の公開が楽しみですね。

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.