高畑充希「運と縁」女優として活躍するための考え方明かす!素敵な言葉に反響

投稿日:2021/06/22 13:46 更新日:

6月22日の「ノンストップ!」(フジテレビ系)では、榊原郁恵さん、高畑充希さん、吉柳咲良さんが登場。高畑さんが吉柳さんに助言する場面があり話題を集めました。

(画像:時事通信フォト)

■高畑充希、ピーターパンを演じる時に考えていたこととは?

今回、番組のインタビューに応じたのは、今年日本公演40周年を迎えるミュージカル「ピーターパン」で主人公・ピーターパンを演じてきた榊原郁恵さん、高畑充希さん、吉柳咲良さん。

7月からの公演で通算4度目のピーターパン役を演じる吉柳さんは「歴史ある作品を自分が継ぐっていうことの責任感は持つべきものだと思っているので、しっかり演じきりたいと思います」と意気込みを語ります。

続けて、初代ピーターパン役の榊原さんは「自分なりのピーターパン像を作ればいいのでっていう期待というか…。『大丈夫よ』っていうこの『大丈夫よ』がもしかしたらプレッシャーになるのかもしれないですけど」とユーモアを交えながら後輩の吉柳さんにエールをおくりました。

一方で、8代目ピーターパン役を務めた高畑さんは「私は30周年の時全然チャランポランだったので、そこまでちゃんと考えているさくちゃん偉いなって思うし。私よく『今日祭りだ』と思ってやるんですけど『祭りだよ』って思ってやるとなんかいつもと違う感情になったりとか」とコメント。

すると、榊原さんは「参考になってる?あのさ『祭りだ』とかってさ参考になってる?時々突拍子もないことを言う充希ワールドなんです」とツッコミを入れ、笑いを誘いました。

■高畑充希「運と縁」女優として活躍するための考え方明かす!

また、吉柳さんは「終わってもピーターパンが抜けないのか本当にずっと気持ちが少年のままというか、そういう時の気持ちの切り替え方を聞いてみたいなって思っています」と先輩2人に悩みを持ちかけます。

すると、高畑さんは「役が抜けて困るって思ってないから、もしかしたら役のままいっちゃってるのかもしれないし、自覚がないだけかもしれないんですど。でも、いいんじゃない?楽しくない?やんちゃって。いつもと違う」と無理をして役から抜ける必要はないと力説しました。

続けて、長く女優として活躍するための秘訣について、高畑さんは「運と縁!ダメだった時は運のせいにして、うまくいった時は運とか縁のおかげだなって思って、全部自分に返さないっていうか」とコメント。

さらに、高畑さんは「自分が悪かったからできなかったとか、自分がめっちゃよかったからこれができたんだとかって思わないようにしています。色んなことに一喜一憂しすぎない」と長く活躍するための秘訣を吉柳さんに伝授しました。

■高畑充希の素敵な言葉に反響

今回の放送について、ネット上では「悪いことがあったら運のせい良いことがあったら縁のおかげって高畑充希が言ってた。素っ晴らしすぎる、総じて高畑充希が最高!」「高畑充希ちゃんの『悪いことがあったら運のせい、良いことがあったら縁のおかげ』って考え方素敵」「高畑充希のダメだった時は運のせいにして、うまくいった時は運とか縁のおかげっていう『運と縁』の話が素敵だった」などのコメントが上がっています。

「ダメだった時は運のせいにして、うまくいった時は運とか縁のおかげ」という高畑さんの考え方に感銘を受けた人は多かったようです。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.