劇団EXILE・鈴木伸之「Wikiが2行しかない」番組中に荒らされカオス状態「アウト×デラックス」が話題

更新日:

4月11日放送の「アウト×デラックス」に劇団EXILEの鈴木伸之さんが登場。「ギネス世界記録」を達成したのにも関わらず、「Wikipediaに2行しか説明がない」事を嘆き、鈴木さんのWikipediaが荒らされ話題になりました。

「アウト×デラックス」に劇団EXILE鈴木伸之が登場

「Wikipediaに2行しか説明がないギネス世界記録保持者」として「アウト×デラックス」に登場したのは劇団EXILEの鈴木伸之さん。鈴木さんというと、これまで俳優として、「あなたのことはそれほど」、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」、「今日から俺は!!」などの有名作品に出演してきました。

しかも、今年の1月には劇団EXILEの八木将康さんと共に「1分間に最も多く箸でキャッチしたマシュマロの数」のギネス記録に挑戦して、世界記録を更新。「ギネス世界記録」保持者になったのにも関わらず、番組収録時のWikipediaの略歴・人物の紹介欄が「兄が2人いる、小学校から肘を壊す中学2年まで野球をしていた」という薄い情報だけ。これには、マツコさんも「鈴木がまだ2行だけっていうのが…」と驚きを隠せません。

マシュマロキャッチの「ギネス世界記録」保持 マシュマロ投げる側だった?

ここで、鈴木さんが達成したという「ギネス世界記録」のVTRを見る事になったのですが、鈴木さんが担当したのはマシュマロをキャッチする側ではなく、投げる側。見事な動体視力でマシュマロをキャッチしていく八木さんの方は目立っていますが、鈴木さんはどちらかというと補佐的な役割のため注目度が低かったようです。

そこで、Wikipediaの情報を増やしてもらうために“アウト軍団”がアイデアを出す事になります。高橋ひとみさんは、失敗談は載せてもらいやすいと自身の経験をもとに鈴木さんアドバイス。すると、鈴木さんは過去の失敗談としてドラマでキスシーンをする事になった時、口臭ケアをやりまくった結果、相手の女優・波瑠さんから、「そんなにやると自分も気を使ってしまうから、止めて欲しい」と言われたエピソードを紹介しました。

渾身のモノマネ披露もミラクルひかるのネタ振りにされる?

しかし、これはエピソードとして弱いということで、ミラクルひかるさんからも提案が。特技でモノマネがあると書いてもらえると提案された鈴木さんは、ジャムおじさんのモノマネを披露。すると、ミラクルさんはどうせやるながら「アンパンマン、新しい顔だよ」というセリフの方が良いよとアドバイス。鈴木さんはミラクルさんのアドバイス通りにジャムおじさんのモノマネを披露しますが、ミラクルさんが「元気100倍、アンパンマン!」とアンパンマンのモノマネを被せ、ミラクルさんへのネタ振りにされてしまいます。他にも、遅刻を重ね過ぎて、HIROさんに話をしばらく聞いてもらえなかった事などを話し、鈴木さんは番組を盛り上げました。

放送中にWikipediaを荒らされる鈴木伸之

今回の放送で、鈴木さんのWikipediaは荒らされる事になります。具体的には放送中のネタに加えて、食欲旺盛や虫嫌いなどのエピソードが猛烈なスピードで追加されていきカオス状態に。その後すぐに正常に戻りましたが、SNS上では、「Wikipedia書いてる人!!鈴木伸之で遊ばないでください!!」「鈴木伸之さん、wikiの荒らされ方が雑すぎて」「すごい、鈴木伸之のwikipediaが現在進行形で更新されてる笑」などの声があがる事態になりました。

ちなみに、今は「ギネス世界記録」やオーディション時のエピソードなど重要なものだけが追加されています。番組でWikipediaの情報が寂しいと訴えるやいなや、雑ではあったものの物凄いスピードで情報が更新された事には、ネットとテレビが連動した時の影響力を感じさせるものがありました。Wikipediaには書かれていませんが、鈴木さんのジャムおじさんが笑えた人も多かったのではないでしょうか。(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.