鈴木奈々にキャラ作り疑惑?ドッキリ仕掛け人で見せた怪演が"ホラーより怖い"と話題 #水ダウ

更新日:

4月3日放送の「水曜日のダウンタウン」では、「説教中の『帰れ!』額面通り受け取るわけにはいかない説」の検証が行われました。企画の参加者の中でも、鈴木奈々さんの怪演がリアルすぎて怖いと話題を集めています。

「説教中の『帰れ!』額面通り受け取るわけにはいかない説」に鈴木奈々が登場

これまでも、説教中をテーマにした説の検証を行ってきた「水曜日のダウンタウン」。3日の放送では、「説教中の『帰れ!』額面通り受け取るわけにはいかない説」の検証が行われました。先輩や上司から説教中に「帰れ」といわれても、本当にそのまま帰るのは気まずいのが人間心理。この考えのもと、普段は怒らなさそうな芸能人が仕掛け人になり後輩を説教し、「帰れ」と激怒して怒られたターゲットがどのくらいの時間で帰るのかを検証します。

最初に登場したのは、明るくて怒る姿が想像できない鈴木奈々さんで、ターゲットは事務所の後輩で元AKB48の西野未姫さん。この検証、どのタイミングで説教を始めるのかがポイントで、鈴木さんは、最近でバラエティで西野さんが活躍している事を切り出します。エゴサーチをすると、「西野が鈴木奈々に似ている」と書かれている事を伝え、鈴木さんは後輩とキャラ被りしている事が「すごいストレス」と話しかけ説教を開始します。

リアルすぎる演技で西野未姫を追い詰める鈴木奈々

特に鈴木さんが、イラっとくるのが西野さんのわざとらしい「身振り手振り」だと主張し、「そのしゃべり方やめて欲しいな」とストレートに伝えます。さらに、手の動かし方にもイチャモンをつけ、自身も大げさに手を動かすことから、西野さんにはそれをやめろという言いがかりをつけます。

それができないなら「帰れ」と今回の検証のキーワードを発動させた鈴木さんは、さらに「手錠をしてテレビに出ろ」と西野さんは追い詰めていきます。そして、「帰るか手錠」と究極の2択を西野さんに提示した上で、「帰って」を連発でダメ押し。鈴木さんの鬼気迫る姿に耐えれなくなった西野さんは引きつった表情のまま、その場を立ち去ります。ネタバラシで実は演技だった事が分かった西野さんは、本当に良かったという顔をされていました。

実は鈴木奈々を演じている?SNS上でも「怖すぎる」の声

ネットでは、放送を見た人から、「鈴木奈々怖すぎる」「めっちゃ演技上手い」「鈴木奈々先輩の演技が怖すぎる…。」「もうそこらへんのホラーより数倍怖いわ…」「鈴木奈々は日頃から鈴木奈々を演じているわけだからなあ。憑依型の女優なのかもな」などの声があがっていました。普段の明るいキャラクターも実は"演じて"いたのではないかという声があがるほど見事な怪演だったようです。

この企画の検証は他にも出演者がいたのですが、鈴木さんは相手への詰め寄り方が抜群に上手で、リアルに怒っているように見えました。また、声のトーンが普段よりも低く、この点もリアルに怒ってる感を演出していました。憑依型女優という言葉がまさにで、何かに取り憑かれたような演技は圧巻で、映像に見入ってしまいました。(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.