”クロちゃん臭がする”バイきんぐ西村のゲスすぎる行動に批判殺到!?「水曜日のダウンタウン」

更新日:

毎回攻める企画が人気のバラエティ「水曜日のダウンタウン」が10月24日放送。この日は「1週間○○生活、目を離したらやっぱり他のもん食っちゃう説」などの企画の模様が放送され、その中でバイきんぐ西村さんのゲスすぎる行動に対してネット上では批判の声が殺到することになりました。

画像は番組告知動画のスクリーンショット

「1週間○○生活」に挑む3人の芸人

24日放送の「水曜日のダウンタウン」で反響を呼んだのが「1週間○○生活、目を離したらやっぱり他のもん食っちゃう説」という企画。これは、1週間の間、特定の食べ物だけを食べるというバラエティでよくある企画のドッキリバージョン。カメラが回っているところでは決まりを守るけど、カメラが回っていない場所では他の食べ物をこっそりと食べるのではないかという検証を行う企画です。今回の企画では、バイきんぐの西村瑞樹さん、カラテカ矢部太郎さん、ジャングルポケットのおたけさんの3人が挑戦。バイきんぐ西村さんは1週間サバイバルというテーマで川で捕まえた物だけ、カラテカ矢部太郎さんは梅干しだけ、ジャンポケおたけさんはトマトだけで1週間を過ごすことになります。

のどぐろの誘惑に負けたおたけ

いざ企画が始まると番組スタッフが仕掛ける誘惑にも負けず、ジャンポケおたけさんは粘りを見せるものの、岡山にライブ行った際の打ち上げで異変が起こります。打ち上げでも今回の企画を趣旨を説明して、トマトだけを食べて頑張りますが、のどぐろの誘惑に負けてしまい、3日目でアウト。のどぐろを食べたところでスタッフから本当の企画意図を知らされることに。

感動を呼ぶカラテカ矢部

一方で、真面目そうでこの企画のトラップにも引っかからそうなカラテカ矢部さんは予想通り、番組スタッフが用意した誘惑にも負けません。そして、最後まで隠しカメラにも梅干し以外の食べる様子は映ることなく、見事に「1週間梅干し生活」を達成すると、視聴者からもその真面目な姿が感動を呼ぶことになりました。

ゲスすぎるバイきんぐ西村に批判の声

カラテカ矢部さんが感動を呼ぶ一方で、「1週間サバイバル生活」に挑むバイきんぐ西村さんは、開始早々に誘惑に負けます。釣りを終えて休んでいると、スタッフが用意したクーラーボックスの中の「ガリガリ君」とバナナをパクりと食べてしまい1週間のはずが5時間でアウト。さらに、バイきんぐ西村さんはロケ車の中のスタッフの食べ物を勝手に食べてしまいます。これだけにとどまらず、バイきんぐ西村さんは隣のバーベキュー客に火の番を「お願いします」と頼まれると、火の番をしつつソーセージを盗み食い。バイきんぐ西村さんの姿を見た視聴者からもこれは「普通に犯罪」「ちょっとクロちゃん臭」などの意見が寄せられるなど批判が殺到することになりました。

独り言が不自然の声も

一方で視聴者からは隠しカメラに映るバイきんぐ西村さんの独り言が不自然という意見も上がっています。実際にやらせかどうかはわかりませんが、安田大サーカスのクロちゃんと同様に企画意図を理解した上で、バイきんぐ西村さんもわざとゲスキャラを演じている可能性もあります。批判殺到する形にもなったバイきんぐ西村さんですが、クロちゃんとのコラボなどこれからも特異なキャラで番組を盛り上げて欲しいですね。(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.