三四郎・小宮のすべらない話にツッコミ「間違った情報はいけない」田代まさしの息子"ターシー"と劔樹人が話題

更新日:

1月12日オンエアの「人志松本のすべらない話」にお笑いコンビ・三四郎の小宮浩信さんが出演。高校時代に田代まさしさんの息子と一緒に留年したエピソードを語りますが、これについて劔樹人さんが「間違った情報はいけない」と苦言を呈し、話題を集めています。

「すべらない話」留年エピソードで爆笑を誘う三四郎・小宮

12日にオンエアされた「人志松本のすべらない話」に出演したお笑いコンビ・三四郎の小宮浩信さん。"すべらない話"として語ったのが自身の留年エピソード。中学・高校と成城学園に通っていた小宮さんは、「僕、私立で、お坊ちゃん学校に行ってたんです」と語る小宮さん。在学当時、学校で藤井フミヤさんや竹中直人さんを見たこともあったそうです。また、小宮さんのクラスの同級生にも「某消費者金融社長の息子」「某ファストフード店の会長の孫」「山口百恵さんの息子(三浦祐太朗)」達がいたことを明かし、出演者達を驚かせます。そうした中、小宮さんは高校時代、留年することになってしまいます。この時、学年で留年したのは2人で、小宮さんともう1人の留年組は田代まさしさんの息子だったことをカミングアウト。さらに、田代さんの息子の愛称が父親の”マーシー”にあやかって”ターシー”だと明かし、笑いを誘うことになります。ちなみに、田代まさしさんは覚せい剤取締法違反などで4度の逮捕経験があり、現在は薬物依存症のリハビリ施設のスタッフとして働きつつ、薬物の怖さを訴える講演活動も行っています。

三四郎・小宮に劔樹人がツッコミ

小宮さんの"すべらない話"は好評だったんですが、漫画家・ベーシストなどで活躍する劔樹人(つるぎ・みきと)さんがツッコミを入れることに。劔さんはツイッターで「名誉の為に言わせてもらいますが、たぶんターシーが留年したのはのっぴきならぬ事情で、小宮さんはどうしてかわからないけどちょっと違う気がします!」とコメント。

"ターシー"こと田代タツヤさんは、撃鉄のベースと活動するバンドマン。小宮さんは1999年の 「ノストラダムスの大予言」を信じて、地球が滅亡するなら、勉強しても意味がないと勉強しなかった結果として留年したことを別番組で明かしています。

また、劔さんは田代まさしさんの息子だから"ターシー"というあだ名になったのではないともコメント。タツヤさんの留年や愛称の話を盛って面白おかしく話してしまうことに、劔さんは「いくらすべらない話とは言え、間違った情報はいけない」と注意する形になりました。

"ターシー"こと田代タツヤさん本人が反応

さらに、"ターシー"こと田代タツヤさん本人が自身のTwitterを更新し、あだ名の由来について「田代って苗字だけでマーシーって呼ばれてしまう事が多く、精神的に面倒くさくてもうターシーって自分で言っちゃおと名乗り始めたのが最初」とコメント。「ずっと笑われて生きてきたから運命背負った方がもはや格好いいでしょとか思って。」と、かっこいい生き様を吐露しました。さらに、三四郎・小宮さんの"すべらない話"についても「テレビ局の方もちゃんと確認を僕に取ってるので何も問題無いですよ。」とし、「僕の話をしてくれたみたいです。ありがたい話で感謝です!」と好意的なコメントを残しています。

田代まさしの息子にネットでも反響

小宮さんの話を聞いた人からは、「小宮が田代まさしの息子の話したけどそれ撃鉄のベースなん!?まじ!?」など、タツヤさんが撃鉄のベースだったということに驚きの声が上がっています。また、タツヤさん本人は、小宮さんに苦言を呈した劔さんに「劔さんありがとうございます」とコメントを寄せています。お父さんの事情もあって苦労したタツヤさんの話を盛って語ることには、賛否の意見がありました。本人へきちんと確認があったことなどが公表され安心した人も多かったようですが、普段から"ヘタレキャラ"として人気がある小宮さんなだけに「適当に盛って話してそう」と感じる人が多かったのかもしれませんね。(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.