衝撃作『新聞記者』の大ヒット御礼舞台挨拶にシム・ウンギョンと松坂桃李が登壇

更新日:

巨大権力と対峙する女性新聞記者の奮闘を描く衝撃作『新聞記者』が6月28日の公開初日以降、現在までに動員33万人&興収4億円を突破した。
7月23日には東京・新宿ピカデリーにて大ヒット御礼舞台挨拶が行われ、主演のシム・ウンギョン、松坂桃李が出席した。

拍手喝采でステージに迎え入れられたシムと松坂には、全国各地の同作上映劇場の支配人からの「連日ほぼ満席。若い方も劇場に足を運んでいる」「平日でもチケット完売。上映後に拍手が沸き起こることも珍しくない」などの報告がもたらされた。
これら現場の生の声に松坂は「上映後に拍手が起こるのは、映画の熱量とお客様の熱量があったからだと感じます」と喜びを噛みしめて「こうやって劇場の方々の声を聞けるのは貴重。そういう機会が僕らにはないので、現場の声を聞けるのはありがたいです」と感謝。シムも「作品の上映後に拍手が起こるとは…。自分のこれまでの出演作の中でも『新聞記者』が初めてです。実感できないというか、まだ信じられない。はかり知れません!」と驚き顔だった。

大阪の劇場の反響も聞かされたことから、シムは「おおきに」と関西弁で喜びを伝えるも、いきなりの関西弁に松坂からは「急な関西弁!」とのツッコミが。それにシムは「関西でもお客さんが増えていると聞いたので…急な関西弁でスイマセン」と笑わせた。
また観客からの花束贈呈があると、松坂は「この作品で花束をもらったのは、クランクアップとそして今」と嬉しそうで「撮影現場のことがフラッシュバックしました。キャスト・スタッフが一丸となって熱量の多い中でやっていたので、その思いと観客の皆さんの思いが同じになれたのかと思うと…ありがたい」とシミジミ。シムもプレートに“祝・大ヒット”と書かれた花束を受け取り「本当にはかり知れません!感動しました」と感極まっていた。

最後にシムは「皆さんに会えてこの映画に対する熱量を直接感じることができて、感無量です。どんな選択の分かれ道に立っても迷わない力が皆さんに届くように、これからも願っています」と思いを込めた。松坂も「映画を観た皆さんの言葉が人を呼び、その人が映画を観て言葉を発して、また人を呼ぶ。そんな皆さんの力が数珠つなぎとなってこの作品を育ててくれたと思います。賛否があるからこそ、皆さんが語れるような作品だからこそ、強い熱量が生れた。皆さんにとってこの作品が心に残って、持ち帰ることのできる作品になったのかと思うと、本当に嬉しく思います」と全国各地の『新聞記者』の広がりを実感していた。

舞台挨拶概要

■日時: 7月23日(火) 
■場所:新宿ピカデリー スクリーン1
■登壇者:シム・ウンギョン、松坂桃李、司会:奥浜レイラ
作品名:新聞記者
新宿ピカデリー、イオンシネマほか全国公開中

©2019『新聞記者』フィルムパートナーズ
配給:スターサンズ イオンエンターテイメント

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.