元AKB48・島崎遥香「塩対応はキャラづくり」と暴露!「そうしないと…」理由にスタジオ騒然?

更新日:

17日放送の日本テレビ系『行列のできる法律相談所』元AKB48・島崎遥香さんがに初出演。グループ在籍時には「塩対応」の代名詞として一躍脚光を浴びた島崎さんが衝撃的な事実を明かし、大きな話題となりました。

「爪痕を残したい」バラエティに意欲的な島崎さん

番組MCのフットボールアワー・後藤輝基さんから、「塩対応のイメージですけど、AKBを卒業してだいぶ肩の荷が下りた?」と問われると、「そうですね、だいぶ」と笑顔で応える島崎さん。タレントの東野幸治さんから「ハキハキしてて、(逆に)ぱるるらしくないよ」と指摘されると、「今日は何か爪痕を残したいと思って来ました」と意欲満載。まさかの対応に後藤さんも驚きながら、「バラエティにはどんどん出たい感じなの?」と探りを入れられた島崎さんは「出たいです!バラエティ大好きです!でも喋れないんです」と悩みを打ち明けました。

AKB時代に生き抜くための秘策だった!?

意外な明るさに困惑した後藤さんが「今までの塩対応は本心ではなかったの?」と尋ねると、「そうしないと生きていけなかった」とまさかの衝撃発言。これには、東野さんも「AKB層が厚いから」とすかさずフォローが入るほど。スタジオ中は騒然となり、激戦を繰り広げるグループで生き残るためのキャラづけだったことを激白しました。さらに、アイドルにはお決まりの自己紹介パフォーマンスがある中、AKBでは「私と前田(タレント・前田敦子さん)さんだけなかった」ことを説明し、その理由として「めちゃくちゃ恥ずかしいじゃないですか」とバッサリ。すると、番組アシスタントで元乃木坂46の市來玲奈アナウンサーにとばっちりが。アイドル時代の自己紹介を披露させられ、笑いの渦が沸き起こりました。

「塩対応」卒業!?新たな島崎さんが誕生

番組冒頭に宣言した「爪跡」をしっかり残した島崎さん。ネット上では「ギャップについて行けない!これぞ神対応」「こんなに笑うぱるちゃんテレビで見たの初めて」「ぱるるが塩対応卒業」などといった歓喜の声が上がり、同じくこの日のゲストであったタレントのIKKOさんも「ぱるる面白い!」と終始絶賛。今回のバラエティ出演は、これまでの“塩っぽい”キャラを脱ぎ捨て、新たな島崎さんが誕生した瞬間でもありました。今後のさらなる活躍に期待したいですね。(文:武 眞都子)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.