中国が日本人タレントを呼びたがる理由が意外?渡辺直美が明かす海外エンタメ事情が話題「しゃべくり007」

更新日:

7日に放送された日本テレビ系『しゃべくり007』にタレントの渡辺直美さんが登場。国内一、インスタグラムのフォロワーを持つ渡辺さんは圧倒的な人気を誇ります。そんな渡辺さんが、中国のとある番組に出演した裏話を明かし話題となりました。

セレブ級まで昇り詰めた渡辺直美


“世界で最も影響力のある25人”に選ばれた方、という紹介で登場した渡辺さん。番組レギュラー陣のくりぃむしちゅー・有田哲平さんは、「総理大臣クラスが来ると思った」バッサリ。しかしながら、その25人に選ばれたのは日本で唯一渡辺さんだといい、他のメンツというとトランプ大統領や歌手のリアーナなどの超大物が名を連ねています。渡辺さんは、ネットでの影響力だと謙遜しましたが、MCのくりぃむしちゅー・上田晋也さんは「それでもすごい」と感心しました。ネット上でも「信じられない」「尊敬する」「スパースター並み」となどといった驚きの声が続出。有田さんも渡辺さんの存在を「ちょっと別格じゃない?芸人じゃないもん。セレブ」と言い、チュートリアル・徳井義実さんも「海外からの人みたい」と一目置いている様子が伺われました。渡辺さんもいずれは日本とニューヨークに拠点を置き、半々で仕事ができるようになりたいとさらなる意欲を示しました。

視聴者3億人のテレビ番組でビヨンセを披露


そんな中、渡辺さんが昨年に中国の紅白歌合戦といわれる番組に出演した際のエピソードを披露。5分ぐらいビヨンセを踊ってくれないか、という依頼だったと明かすと、「ビヨンセを呼べよ」と上田さんからはツッコミが。ところが渡辺さんの話によると、本来ビヨンセが出演する予定だったようで、視聴者が3億人くらいになる大規模な番組だったようです。渡辺さんは以前、上海万博のステージで中国人相手にビヨンセのネタをやった時に全く受け入れてもらえず、不安を抱えての今回の出演だったことを打ち明けました。中国には口パクで笑う文化がないと言い、ビヨンセ自体を知らない人も多いため、「ウケないのでは?」と思っていたそうです。

中国が日本人タレントを呼びたい理由が意外?

ところが、いざやってみると大盛況。「変顔が今、一番ウケる」と中国の旬なお笑い事情を明かし、中国版のTwitterでトレンドにも上がったそうです。スタジオでその時の映像を見てみると、渡辺さんが大勢のダンサーを従え堂々とビヨンセを踊っており、上田さんは「カッコいいじゃんか」と渡辺さんの有志を称えました。ダンサーなどは「何にも発注してない」と、中国側の演出だったと告白。お金に糸目を付けない中国での派手なパフォーマンスにご満悦のようでした。出演料も高額なのではという質問に対し、「中国のタレントは(出演料が)ばか高い。日本人のタレントさんはめちゃくちゃ安い」と告げられた渡辺さん。安い上に仕事もちゃんとするし、文句も言わないし、高いパフォーマンスに知名度もあるから「日本の人にいっぱい来てほしい」と言われたと告白しました。どうやら、コストパフォーマンスでシビアに選ばれている面もあるようです。

世界へ羽ばたく渡辺直美に期待

渡辺さんは、「コメディーをやりたくて。向こうで主演のコメディー映画が出来たら良いなっていうのはあります。自分で書いたものを映画とかに出来たら良いなっていうのが一番の理想です」と今後の海外での仕事の夢を語る表情はとても生き生きとしていました。実現するのも時間の問題かもしれませんね。放送終了後には「これぞ、日本の宝」「人間国宝」「雲の上の人になってしまった」などといった渡辺さんを賞賛するコメントが続々とあがっていました。渡辺さんの存在はお笑い界の常識を覆し、さらには歴史的な人物となりました。世界進出する渡辺さんの活躍を大いに期待したいですね。見逃し放送が日テレ無料TADA!で公開されていますので、見逃した方はぜひチェックしてみてくださいね。(文:武 眞都子)

画像は日テレ無料TADA!のスクリーンショット


日テレ無料TADA!:https://cu.ntv.co.jp/007_20190107/

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.