Sexy Zone・佐藤勝利『あんなにバカにされるなんて』マリウスにイジられた"あるエピソード"の真相とは?

更新日:

毎週金曜放送、Sexy Zone・佐藤勝利さんがパーソナリティを務める「VICTORY ROADS」(bayfm)。ライブが終わってから初めての収録ということで、ライブで触れられた"あるエピソード"について詳しく語られ話題となりました。

「うちの名演出家」菊池風磨を絶賛

リスナーから届いた「ライブの演出や構成を受けて、アルバム曲のイメージも変わった。特に好きだったのは『ゼンゼンカンケイナイ』です」という感想に、佐藤さんは菊池風磨さんがその曲のエアバンドっぽい演出を考えたのだと明かします。

「『"ゼンゼンカンケイナイ"っていう曲名なんで全く関係ないことやります』って会議で言っちゃったりさ、うちの名演出家はね」と菊池さんを褒め、その時佐藤さんは「すげー、ああいう(楽しさがメイン的な)曲を意味のある曲に仕上げるとは」と思ったのだとか。

佐藤さん曰く菊池さんは「歌詞を読み取る人」で、ライブも歌詞の流れで作るので、音の流れでソロコンサートなどを作ってきた佐藤さんとはタイプが違って面白いのだとか。

「風磨くんガチムチの人になってた」衣装取り違いエピソードを披露

また、「これは流石に焦ったというハプニングは?」というお便りに、佐藤さんは和歌山公演での"衣装取り違いエピソード"を明かします。菊池さんが「このジャケット小さいんだけど」とマイク越しに言うので衣装についているネームタグを見ると、菊池さんのジャケットには「勝利」、佐藤さんのジャケットには「菊池」と書かれていたそう。

「確かにデカいなって思ってた。僕のはオーバーサイズでファッション性のある着方みたいになってたけど、風磨くんはガチムチの人になってた(笑)筋肉あるし」と笑いを誘いました。

佐藤さんは、すれ違い様に衣装を交換しようとしたそうですが、菊池さんに拒否されてしまったそう。「意外と気に入るんですよあの人。『逆に面白いじゃん』って。僕も焦りはしなかったけど(ハプニングは)それくらいかな」と菊池さんの器の大きさも明かしたのでした。

免許を取るのに4年?「あんなにバカにされるとは…」

今回のライブで、佐藤さんが「免許を取るのに4年かかった」という話をしたそうで、早速教習所に勤めているというリスナーから「何回期限切れちゃったのかなと考えてしまった」とのお便りが。
佐藤さんは、高3の頃からマニュアルの免許をを取ろうとするも2回期限切れになってしまったそうで、「心理状態を考えて欲しいよね、2回も同じ授業を受けてんの。3回目でマニュアル頑張ろうなんて気持ち出る?(笑)」とリスナーに問いかけます。

「とにかく早く終わらせたくて後で(AT)限定解除しようと思ってたけど、(ライブで)マリウスにあんなにバカにされるなんて思わなかった」と、マリウスさんに茶化されたことに触れます。先週もこのラジオでマリウス葉さんとのケンカエピソードを語ったことから、ふと「俺のラジオ、マリウス出すぎじゃない?」と気づく佐藤さんなのでした。

「マニュアルは運転できるんです」アピールにファン悶絶?

佐藤さんは、車の免許について「いずれマニュアルにします」と宣言。マニュアルで仮免寸前までいっていて、どうやら2回目は別の教習所に行ったらしく、そこの教官は佐藤さんにマニュアル運転の経験があることを知らないため、2回目の初日に足さばきを褒められたのだとか。「だからマニュアルは運転できるんです、オートマが可愛いとか思ってません!」と釈明しました。

放送を聞いたファンからは「ライブの裏話楽しいからラジオは良いな~」「運転免許おめでとう!しょりマリ話大歓迎です!」「車好きの勝利くんが免許でマリウスにイジられんの面白いww」「マニュアル運転出来ますアピール可愛すぎる(笑)」といった声が上がり、ライブで触れられた話題が詳しく聞けたことを喜ぶ声で溢れました。

ライブに触れつつメンバーについて語る様子がたっぷり聴けた今回の放送。タイムフリーでぜひ聴いてみて下さいね。
http://radiko.jp/#!/ts/BAYFM78/20190614213000
(文:アイドル担当ライター ゆず)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.