ドラマ「節約ロック」うざいラスボスに「名探偵コナン」ファンがわく?KAT-TUN上田竜也主演

更新日:

KAT-TUNの上田竜也さん主演で絶賛放送中のドラマ日本テレビ系「節約ロック」。3月18日に放送された9話では、主人公・松本タカオのライバルとしてIT社長の内田ユウサクが登場。内田を演じる声優・高木渉さんの演技に注目が集まっています。

億万長者の恋敵が登場?

元カノ・大黒マキコ(藤井美菜)とヨリを戻すために節約に励む日々を送る松本タカオ(上田竜也)。ある日、タカオはマキコが見知らぬ男と楽しそうに食事をする様子を見かけます。マキコに新しい彼氏ができたのかもしれないとショックを受けるタカオ。数日後、予算3億円の新規ビッグビジネスのオファーが舞い込み、タカオ達はクライアントのもとを訪問。そこに現れた社長の内田ユウサク(高木渉)こそ、マキコが食事をしていた男であることを知り、タカオは驚きを隠せません。タカオのことを知っていた内田は、マキコと近々結婚する予定であることを伝えます。収入などあらゆる面で内田との格差を見せつけられたタカオは、動画配信で一攫千金を狙おうとしますが…。

ウザキャラなのにチャーミング?

「節約ロック」9話から登場したのは声優・高木渉さん。高木さんというと、「名探偵コナン」の高木刑事こと高木渉とコナンの友人・小嶋元太の声をつとめることで知られる有名声優。声の仕事でも著名な高木さんは、一方で、俳優としても2016年にNHK大河ドラマ「真田丸」で木村佳乃さん演じる松の夫・小山田茂誠役で出演したことが話題になりました。そんな、高木さんは今回演じるのがIT企業「内田タウン」の社長・内田ユウサク。内田は仕事と称してタカオを呼び出して、収入から家の広さ、最近の旅行先まであらゆる面で自分がタカオより優れていることを見せつけます。そして、マキコにふさわしいのは自分であるとタカオに宣戦布告。主人公・タカオの恋のライバルという役所。「給料も〜男の魅力も〜万分の1〜君は万分の1〜」とミュージカル風に歌いながら格差をタカオに突きつけるなど、嫌味なキャラを演じます。しかし、内田さんの話す声はちょうど高木刑事と元太の声がミックスされたような声で、嫌味だけど「コナン」のイメージもあってかどこか憎めない愛嬌が。声優のイメージもありますが、俳優としても内田さんはキャラ立ちが凄いようです。

高木渉の「節約ロック」出演にSNSでも驚きの声

放送を見た人からは、「節約ロックに高木渉さん出ててびっくりした」「節約ロックたまたま見てたら高木刑事の声がすると思ったら高木渉さんやった」などの声があがっていました。やはり、あの高木刑事の聞き覚えのある声を聞くと高木渉さんとすぐに分かった人が多かったようです。「高木渉さんが地上波テレビでジャニーズと共演」さらに「うざい感じのキャラをチャーミングに熱演」し、「ミュージカルまでしてた」というサプライズの連続に歓喜する声も。ミュージカルシーンも含めてうざいキャラですが、高木さんが演じるとチャーミングに見えるというのは100%同意したいところ。次週の10話でも高木さんは出演するようですので、ぜひ演技に注目してみてくださいね。ドラマは配信もあるので、見逃した方はぜひ見てみてください。
日テレ無料TADA!:https://cu.ntv.co.jp/setsuyakurock_09/
(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.