Hey!Say!ファンは細かすぎる小ネタも見逃さない?宅配員の名札に"愛を感じる"と歓喜の声 #セミオトコ が話題

更新日:

Hey!Say!JUMPの山田涼介さん主演の金曜ナイトドラマ『セミオトコ』(テレビ朝日系)。8月23日放送の第5話では、切なさが感じられるシーンの中に盛り込まれた、ある"小ネタ"が話題を呼びました。

『JUMP PIZZA』『伊野山』などの小ネタ満載 「愛を感じる!」とファン歓喜

前回の放送で春(山崎静代)が過呼吸で倒れたことをきっかけに、春の容態を瞬時に見抜き、的確な処置をした小川(北村有起哉)は、実は元医師であったことが発覚。

くぎこ(檀ふみ)・ねじこ(阿川佐和子)の大家姉妹が詳細を問い詰めると、「私は…」と何かを言いかけた小川のお腹が、空腹に耐えきれずに鳴ってしまいます。

すっかり空気が和んだ一同は、ピザをデリバリーすることに。

ここで美奈子(今田美桜)が注文したピザが、なんと「ジェノベーゼと、ジャンプエビマヨと、ナパナパデラックス」だったのです。

「ジャンプエビマヨ」は、もちろん山田さんが所属する『Hey!Say!JUMP』に、「ナパナパデラックス」は、同ドラマの主題歌にカップリング収録されている、山田さんと伊野尾慧さんのユニット曲『Napa Napa』にかけたものだと思われます。

さらに、ピザを届けた宅配業者の名前が『JUMP PIZZA』。そして、宅配員の名札に注目すると、『伊野山』と書かれていました。

『伊野山』とは、山田さんと伊野尾さんの2人を掛け合わせた『いのやま』にかけていると思われ、この呼び名はファンの間でもお馴染みとなっています。

この細かすぎる小ネタも見逃さなかったファンから、ネット上では「デリバリー頼むのがJUMP PIZZAなのもナパナパデラックスなのも芸が細かくて好き!!」「JUMPの小ネタがたくさん入ってて嬉しい!スタッフさんの愛を感じる!」などの声が上がり、山田さんのファンを中心に大反響を呼んでいました。

登場人物のさまざまな事情が明らかになり「沁みる」の声も多数

物語の方は、美味しいピザで、すっかりお腹が満たされた一同。そんななか、春とマサ(やついいちろう)夫婦は、6年前に体験した悲しい出来事を打ち明けます。

2人の話を皮切りに、くぎこ・ねじこ姉妹や美奈子も、自身の悲しい過去を暴露。さらに、普段強気な美奈子は、内に抱える悩みなどを素直に吐き出し、「ここ(うつせみ荘)に居るとホッとする。大好き」と涙を見せました。

そして一同は、ついに小川が身の上話を始めると期待しますが、小川は「絶対、この流れでは何も言わない」と断言。

マサが「めんどくせぇなぁ〜」と突っ込むと、小川は「やめろ。俺を困ったちゃんみたいな愛すべきキャラクター扱いするな。俺を愛するな」と制します。

それぞれの人物の内面や個性があらわになった展開に、ネットでは「うつせみ荘のリビングでやりとりされるおしゃべりが心地よくて、じんわり沁みてくる」「岡田惠和さんの描く世界はやさしくていいな」などの声が上がりました。

「胸が締め付けられる…」「見るのがつらい…」主演・山田涼介の演技が話題

セミオ(山田涼介)の寿命が尽きるとされる日まで、残り3日となった今回の放送。

ところどころで、セミオが人知れず胸を押さえて苦しむシーンが出てきており、セミオはその姿を由香(木南晴夏)に悟られまいと気丈にふるまいます。

そして終盤、うつせみ荘の住人全員でバーベキューを楽しむ最中、何かを決意したセミオが「皆さんにお話があります」と話したところで、第5話が終了。

ネット上では、「山田くん演技うますぎるから、セミオくんが布団で苦しんでるところ見て、もう胸が締め付けられた…」「セミオくんの苦しむ場面は見るのがつらい…ドラマにここまで感情移入するのは初めてかも」などの声が上がっていました。

以前、24時間テレビ(日本テレビ系)内のドラマで主演を演じたこともある山田さん。そのドラマのなかでは、急性脳腫瘍を発病し、病と闘うサッカー少年役を迫真の演技で務め上げ、話題となりました。

山田さんのこうした経験が、今回の『セミオトコ』における演技でも大いに活かされているのではないでしょうか。

第6話がどのような展開になるのか、次回も目が離せませんね。

番組は見逃し配信もあるので、気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

https://tver.jp/episode/61839087

(文:アイドル担当ライター くる美)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.