冨永愛、男女逆転でHey!Say!JUMP中島裕翔にキス!カッコよすぎ「奪われてもいいや」

投稿日:2023/01/20 12:24 更新日:

1月20日放送の「あさイチ」(NHK総合)の「プレミアムトーク」では、モデルで女優としても活躍する冨永愛さんが出演。

ドラマ「大奥」で共演するHey!Say!JUMP・中島裕翔さんはドラマで印象深いシーンを明かし話題を集めました。

冨永愛

(画像:時事通信フォト)

■冨永愛が徳川吉宗役に抜擢された理由とは?

今回のゲストはよしながふみさんの人気マンガを実写化したNHKの時代劇「大奥」で八代将軍徳川吉宗を演じる冨永さん。

「大奥」は“男女逆転”の世界が描かれる話題の作品。

ちなみに、冨永さんは「大奥」で初めて時代劇に挑戦するのだとか。

以前から時代劇出演を希望していた冨永さんはいつでもオファーが受けられるようにプライベートで乗馬や殺陣のレッスンを受けていたことを明かします。

鈴木奈穂子アナウンサーは「なんで今回吉宗役に冨永さんを起用したのかドラマチームに伺ったんですけど…」と、ことの経緯を解説。

鈴木アナによると、「脚本の森下佳子さんが冨永さんが民放の番組で男役で時代劇に出たいと語っていらっしゃって、ドラマ『暴れん坊将軍』のテーマ曲を口ずさんでいたよという情報を演出チームに伝えて『これはまんまうちの吉宗じゃないか』となったのが最初のきっかけだった」のだとか。

話を聞いた冨永さんは「そうなんですか!じゃあ私本当に言ってよかったですね、民放の番組で」と語り笑顔を浮かべます。

そんな冨永さんが17歳で海外でのモデル活動を始めた時から大切にしている言葉が「チャンスがきたときにつかめる自分であれ」というもの。

その言葉通り、「暴れん坊将軍」を彷彿させる吉宗の乗馬での登場シーンは元々は演出プランになかったものの、冨永さんが乗馬が得意ということもあり撮影されたそうです。

■中島裕翔、冨永愛とのキスシーンに「自分が乙女になったつもりでした」

また、劇中で大奥入りを決意し吉宗の相手を務める貧乏旗本の息子・水野祐之進を演じるのが中島さん。

冨永さんとの印象深いシーンを尋ねると、中島さんは「キスシーンがあるんですよ。将軍との寝屋に入って夜を共に過ごすっていうシーン。何かすごく不思議な感じでしたね」と返答。

続けて、中島さんは「普通そういうのって男性から寄って行くものかなって思ってたんで、この作品だと“男女逆転”になってるんで、将軍様の方から来られるって時に僕が目をつぶったんですよ。そのキスを受け入れるという覚悟から目をつぶったらすごい笑われましたね冨永さんに…。ちょっと恥ずかしかったです」と撮影の裏話を明かします。

さらに、中島さんは「自分が乙女になったつもりでした、あれは…。あそこは吉宗将軍に心を奪われる瞬間でもありますんで。そういう瞬間にやっぱ冨永さんの持つかっこよさっていうのが出るんで。それはもうなんか男でもそのかっこよさにやられるというか。これだったら奪われてもいいや」と語り冨永さんとの共演シーンを振り返ります。

ちなみに、中島さんによると冨永さんの衣装は15kg以上もあったそうで、冨永さんは立ち上がる時に「ウッ!」とうめき声を上げるのだそう。

自身もモデルを務めることもある中島さんは「男性のかっこいいポージングを教えてもらえたら嬉しいなと思います。是非スタジオでやって頂き僕はそれを真似していつかファッション誌でやります。是非教えてください」と冨永さんにリクエスト。

無茶振りされた冨永さんは博多華丸・大吉さんと一緒にかっこいいポージングをスタジオで披露しました。

今回の放送にはネット上で「裕翔くんへのインタビューもありがとうございます!しかし何回みても冨永愛さんの吉宗様かっこいい」「あさイチで上様にコメントする中島裕翔くんがいちいち可愛いんだが」「中島裕翔くん披露の、冨永とのエピソードが面白い。朝から水野優斗くんと冨永吉宗公みられて眼福!」などのコメントが上がっています。

重い衣装を着ている冨永さんが立ち上がる時に「ウッ!」とうめき声を上げるというのは近くにいる中島さんしか分からない貴重な裏話ですね。

また、キスシーンの話も富永さんの魅力が伝わってきて、印象的でした。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2023 All Rights Reserved.