JO1白岩瑠姫「ファンとの絆…?」諦めの授賞式で可能性感じた瞬間が熱い!JAMとの思いひとつに

投稿日:2022/12/01 14:06 更新日:

11人組のボーイズグループ・JO1の白岩瑠姫さんがメインパーソナリティを務める「JO1のオールナイトニッポンX(クロス)」(ニッポン放送ほか)。11月30日の放送では、與那城奨さん、木全翔也さんと共に、世界最大級のK-POP音楽授賞式『2022 MAMA AWARDS』を振り返りました。

白岩瑠姫

(画像:AFP=時事)

■JO1白岩瑠姫「ファンとの絆…?」諦めの授賞式で可能性感じた瞬間が熱い!JAMとの思いひとつに

11月29日、30日に京セラドームで行われたK-POP音楽授賞式『2022 MAMA AWARDS』。JO1は今年『Favorite Asian Artist』を受賞しました。

今回の番組では、リスナーからお祝いのメッセージと共に、授賞式で名前を呼ばれた時「皆一瞬固まっていた」ことを指摘する内容が届きます。

受賞したことは「(事前に)伝えられてなかった」「本当にびっくりしましたよね」という木全さん。

当日の会場ではアーティストが座る席があり、他のアーティストを観ながら、呼ばれるとは思っていなかった與那城さんは「俺たちもまだまだだな。呼ばれるように頑張ろう」と感じていたそう。

さらに、白岩さんは「俺らが呼ばれる瞬間の説明」を振り返り「『ファンとの絆』みたいなのが書いてあったんですよ。『ファンとの団結力が……』みたいなところで、やっと初めて『ファンとの絆……?』」と“おや?”となったそう。その紹介文で「ワンチャンかな?」と初めて自分たちにも受賞の可能性があると考えたと言います。

ただ、それまでは「なんにも思ってなかった」と、自分たちの名前が呼ばれるとは思っていなかったという白岩さん。「どういう心境かって言われたら、驚きと嬉しさと興奮冷めやらぬというか。本当にJAM(=JO1のファン)の皆さんと同じ気持ちだった」と語りました。

■與那城奨の機転の良さもさすがだった

また、受賞後は與那城さんが英語でスピーチをしていたことについて、リスナーから「あの英語のスピーチは考えていたものなのですか?」と尋ねるメッセージが。

與那城さんは「コメントも何をすればいいか分かんない」と内心は驚きが大きかったそうで「何も考えてなかったよね」と笑います。

続けて「そもそも呼ばれるなんてことが分かんなかったから、何を喋っていいかも分かんない」と明かし、当日は日本語で喋りながら「頭をフル回転させるんだけれども、興奮してるからさ、嬉しさもあって。でも英語でやった方がいいのかな?」と興奮しながらも、英語でもコメントすることを思いついたとのこと。

白岩さんは「すごいなと思いましたよ。たしかに咄嗟っていうことじゃないですか。咄嗟であぁやって英語がバァーってスラスラ出てくるってことは日ごろの勉強とか英語の努力の証というか、成果だと思うので素晴らしいと思います」と絶賛。

ただ、與那城さんは「感極まってしまってあの時は覚えてない」とのこと。授賞式後に、親に「泣いてたね」と言われたと感慨深そうに語りました。

■『ファンとの絆』に反応するJO1にJAM「素晴らしすぎ」「嬉しい」

3人のトークについて、ネット上では「“ファンとの絆”で(俺たちかな……?)になるの素敵すぎん???え素晴らしすぎない???」「ファンとの絆って言葉で自分達って気づくの泣いちゃうよ」「ファンとの絆ってワードでワンチャン受賞あるかもって気づいてくれるのめちゃめちゃ嬉しいね。これからもJO1とJAM一緒に進んで行こう」などの声が。

白岩さんが“もしかして受賞する可能性があるかもしれない”と考えたタイミングの言葉が「ファンとの絆」で、JAMは大喜びしたようです。

有観客のドームでパフォーマンスを披露するのは初めてだったJO1。夢だったステージに立った感動を語っている様子も、グッときたという人は多かったのではないでしょうか。

【番組情報】
JO1のオールナイトニッポンX(クロス)
https://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20221201000000

(文:霧島みつき/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2023 All Rights Reserved.