草彅剛、ギターを弾いて歌うことは「今までやってきた活動と全く違う」挑戦の中で感じた“不安と新しい自分”

投稿日:2022/10/23 18:19 更新日:

10月23日放送の「草彅やすともの うさぎとかめ」(読売テレビ・日本テレビ系)では、シンガーソングライターの斉藤和義さんがゲストとして登場。斉藤さんファンを公言する草彅剛さんが熱い思いを語り話題を集めました。

草彅剛

(画像:時事通信フォト)

■草彅剛、あの人の登場でいつもと違うテンションに?

以前から斉藤さんのファンだと公言している草彅さん。今回の番組で、草彅さんは「和義さんが歌ってギター弾く姿がめちゃくちゃ好きで、最初は中野サンプラザっていう所でライブ、大杉漣さんに連れて行ってもらって、初めてライブ見させてもらって、ちょうどその頃ギターを始めた10年ぐらい前」と話を切り出します。

続けて、草彅さんは「色んな方の曲、自分がギターやり始めた時に聴いたんですよ。今までグループとかで和義さんとお仕事一緒にした事あったんですけど、すごい響いてきて…。自分がギターを始めて聴く音楽が全然違って聴こえて、漣さんに連れて行ってくれたんですよ、中野サンプラザに、衝撃受けましたよ」と斉藤さんのライブに感動しファンになった事を明かしました。

■草彅剛、ギターを弾いて歌うことは「今までやってきた活動と全く違う」挑戦の中で感じた“不安と新しい自分”

3年前に開催されたギター発表会で、斉藤さんとセッションし「ウサギとカメ」を披露した草彅さん。

ギターを演奏する事について「ギターを弾いて歌う事が僕の中でめちゃくちゃ緊張する事で、今までやってきた活動と全く違うんですよ、踊って歌ったりする事と、新しい自分を開拓していくような感じ、だから不安というか。新しい自分を発見できるってこんな面白いんだっていうか」と、その魅力を語ります。

大ファンの斉藤さんを目の前にして興奮気味に話す草彅さんの姿を見た海原やすよ・ともこの海原ともこさんは「今、私は草彅さんをすごい発見してます。こんなに喋るんだっていうぐらい」と、驚いていました。

■草彅剛の熱弁にやすともも驚愕「こんな流暢に喋るんですね」

草彅さんは、ドラマの撮影でアメリカ・ミシガン州のカラマズーを訪問していたことから「ギブソンの工場があってそこの街で売ってたTシャツ、これ是非とも」と現地で購入したTシャツを斉藤さんにプレゼントします。

続けて、草彅さんは「1930年とか50年のヴィンテージギターをお持ちなんですよ。そのギターで数々の名曲をお作りになられてるわけですよ。そのギターがここで作られてたわけなんですよ。今年ホテルになるらしくて、跡地が。和義さん一緒に行きましょうよ、いつか」と斉藤さんを旅行に誘います。

また、草彅さんは「カラマズーって昔のギブソンの工場の跡地があるって後で知って、1日休みがあって行ったのよそこの前に。行って嬉しすぎて動画撮ってって言って」と、現地でギターの弾き語りに挑戦した動画を斉藤さんに送ったとのこと。

ただ「和義さんに送るよって『歩いて帰ろう』歌おうと思ったんだけど、コード忘れちゃってAメロ弾かなかった。ダメだった」とコードを忘れてしまったという草彅さん。海原やすよさんは「こんな流暢に喋るんですね」といつもとは違う草彅さんにツッコミを入れます。

また、草彅さんが「心の中でちょっと待てよと思ってるんですよ。和義さんが話してるところを映像に映したいと、止まんないのよ」と自分でも反省していると伝えると、ともこさんは「一番後で後悔すると思いますよ。好きな人って熱く語っちゃいますもんね」と理解を示しました。

今回の放送について、ネット上では「和義さんが好きすぎてテンションMAXのつよぽん(笑)嬉しそうで何よりです」「斉藤和義さん登場で、つよぽんテンション」「大阪まで斉藤和義さん来てくれてホント良かったねつよぽん、大杉漣さんからのご縁がちゃんとつながってるなぁ〜。つよぽんの人柄がそうさせてるんだろうなぁ」などのコメントが上がっています。

斉藤さんの事を好きすぎてトークが止まらない草彅さんの姿にファンもほっこりしたようです。

草彅さんに斎藤さんについて語ってもらおうとすると、いくら時間があっても足りないかもしれませんね。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2023 All Rights Reserved.