吉沢亮に海外ジャーナリストも注目!評価のポイントは顔面じゃなく…

投稿日:2022/10/17 12:02 更新日:

10月16日放送の「Mr.サンデー」(フジテレビ系)では、吉沢亮さんが出演。同局で放送中のドラマ『PICU 小児集中治療室』で主演を務める吉沢さんが演じる上で大切にしている事を明かし話題を集めました。

吉沢亮

(画像:時事通信フォト)

■安田顕、吉沢亮の印象を明かす「ナチュラルですね、ニュートラル」

番組で司会を務める宮根誠司さんは放送中のドラマ『PICU 小児集中治療室』で主人公・志子田武四郎を演じる吉沢さんと対談。

同作で演出を担当する平野眞さんはVTRでの取材で「お芝居がお芝居じゃないみたいな所はあります。彼がポソポソって台詞の練習をしてる時に、俺、返事しちゃった事があって(吉沢さんに)『台詞です』って言われてすごい恥ずかしかった。だからそれだけ(演技が)自然なわけですよね」と吉沢さんの自然な演技を絶賛。

また、共演者の安田顕さんも「吉沢さんもうナチュラルですね、ニュートラル」と吉沢さんの印象を明かします。

対談の中で、宮根さんは「入り込むんですか?役者さんで憑依型っていうか、その役に撮影中はずっと入り込む人と撮影終わったらもう元の自分に戻るっていう人もいますけど、どっちなんですか?」と聞くと、吉沢さんは「僕はもう完全にオン・オフある方だと思います。あんまり入り込むっていう経験が今までないので、役は役だし自分は自分、現場終わったら一切ないですね」と語りました。

■マイキーのあのシーンは吉沢亮のアドリブ?『東京リベンジャーズ』プロデューサーが裏話明かす!

また、大ヒット映画『東京リベンジャーズ』で“マイキー”こと佐野万次郎を演じた吉沢さん。

同作でプロデューサーを務めた岡田翔太さんは「とにかく寡黙、ほとんど喋らなくて、現場の隅っこの方で漫画とか読んでる。とてもカメラが止まってる時にあのヤンキーをやってる人とは思えないような静かな方ですね。もう本当にカチッとスイッチが入る音がするかのようにカメラが回るとマイキーになっていくって感じですか」と吉沢さんのオン・オフの切り替えに驚いた事を明かします。

ちなみに、岡田さんによると「実はアドリブでおちゃらけた感じというか、おどけた感じ、そういう所は彼がお芝居をしながら作ってくれた所になります」と、どら焼きを落としたマイキーがおちゃらけるシーンは吉沢さんのアドリブだったとのこと。

■吉沢亮に海外ジャーナリストも注目!評価のポイントは顔面じゃなく…

そして、ドラマ『PICU』の中で吉沢さん演じる志子田が涙を流すシーンについて、宮根さんが「悔しがって泣いて喋らない時間ってあるじゃないですか?あれって自分の中で尺とか決めてんのかなと思ったりするんですよ」と伝えると、吉沢さんは「あんまり決めてっていう事ではないですけど、ああいう感情的なシーンって台詞を出す一番気持ち良いタイミングがあるんですよね、自分の中でやってて」とコメント。

続けて、吉沢さんは「志子ちゃん先生に関しては僕がお芝居しててすごく意識してるのが『芝居をしないようにしよう』っていう意識を持ってずっとお芝居してて…。その役が感じているであろう感情を見てる人にちゃんと技術を持って伝えるのがお芝居だと思うんですけど、何か感じてるだけでいいかなっていう」と今回の作品で大切にしている事を明かします。

また、番組では吉沢さんが出演した映画『リバーズ・エッジ』(2018)で監督を務めた行定勲さんを取材していました。

『リバーズ・エッジ』は「ベルリン国際映画祭」パノラマ部門で国際批評家連盟賞を受賞。行定さんは「『あの俳優はどれぐらいのキャリアなんですか?もうそのものしか見えないんだ』っていう質問をされて。『プロの俳優ですよ』って言うと『お芝居をしてる感じに見えなかった』ってみんなそういう事を言ってくださったんで、それもこれも吉沢亮の取り組みというか、そういうものは日本だけじゃなくて世界に通じるんだなっていう」と、海外のジャーナリストも吉沢さんの自然な演技を褒めていた事を明かしました。

■『東京リベンジャーズ』裏話に視聴者も驚愕

今回の放送について、ネット上では「吉沢マイキーのアドリブすげぇ」「『芝居をしないようにしよう』という言葉を吉沢さんご本人の口にから聞けたことが今回のインタビューで1番心に響きました」「マイキーくんのどら焼きのシーンアドリブなん!?舎弟たちもめっちゃ自然に合わせてたから台本かと思ってた」などのコメントが上がっています。

『東京リベンジャーズ』でどら焼きを落としたシーンは吉沢さんのアドリブだったという裏話に驚いた人が多かったようですね。

吉沢さんの演技力や評価の高さが分かり、これから彼がどんな作品でどのような顔を見せてくれるのか、ますます楽しみになった人も少なくなかったのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2023 All Rights Reserved.