浅田真央、記者からの意地悪な質問「すり抜ける術は持ってます」

投稿日:2022/09/25 9:45 更新日:

9月24日放送の「人生最高レストラン」(TBS系)では、プロフィギュアスケーターの浅田真央さんがゲストとして登場。浅田さが2度出場したオリンピックについて語り話題を集めました。

浅田真央

(画像:時事)

■浅田真央、オリンピックは「人生で一番緊張しました」

現役時代の浅田さんは、2010年のバンクーバーオリンピック、2014年のソチオリンピックに出場。

極楽とんぼ・加藤浩次さんの代役MCを務めた劇団ひとりさんが「僕なんか当然オリンピックなんてさ、あんな大舞台とか経験したことないんだけど…。どうなんですか?オリンピックの舞台は」と尋ねると、浅田さんは「オリンピックは人生で一番緊張しました」とコメント。

続けて、浅田さんは「もう心臓の音が聞こえるぐらい最初のポーズ…バンクーバーの時なんですけど立った時にドクッドクッっていうのが人生の中で一番動いてたのを覚えています」と振り返ります。

また、代名詞のトリプルアクセルについて、浅田さんは「あの時は私にとっての強みでしたね。(トリプルアクセルの成功率は)バンクーバーの時は80%ぐらい」と語りました。

さらに、ひとりさんが「それでも5回に1回は上手くいかないわけでしょ?」と問いかけると、浅田さんは「30%でも私は挑戦してました。それで自分がやらず後悔するよりもやって失敗した方が後悔ないので」と成功率が高くない時も挑戦していた事を明かします。

■浅田真央、記者からの意地悪な質問「すり抜ける術は持ってます」

ここで、ひとりさんが緊張やプレッシャーを乗り越える方法を尋ねると、浅田さんは「私は毎回緊張します。今日も緊張してます。本業が滑る事なので滑ってる方が気持ち的には自由です」と返答。

また、島崎和歌子さんが浅田さんのインタビューの受け答えがしっかりしていることに触れると、浅田さんは「そうですね。でもちょっと意地悪な質問とかはすり抜ける術は持ってます」と話し、笑いを誘います。

さらに、引退会見で話題になった「トリプルアクセルに声をかけるとしたら」という質問について、浅田さんは「何でもっと簡単に跳ばせてくれなかったの」と応え、笑顔を浮かべました。

■浅田真央出演「人生最高レストラン」に反響

番組内ではソチオリンピックの演技の映像が流れます。ひとりさんが「こうやって改めて見直す事は多いんですか?」と聞くと、浅田さんは「ないですね。選手時代のは、もう見ないですね」とコメント。

続けて、浅田さんは「この時は失敗してしまったので、 ショートの終わった時点では16位っていう結果で私自身もメダル目指してたので。メダルはこの時点でもうないっていう現実でしたね。心折れそうになりました」と厳しい結果に終わったショートプログラムを振り返ります。

それでも、翌日のフリースケーティングで巻き返し6位入賞、鬼気迫る演技は日本中を感動の渦に包み込んだ浅田さん。

番組では、フリースケーティングの浅田さんの演技に対するアメリカの3大ネットワークNBCの「今夜、氷上の主人公は昨夜1位のキム・ヨナから、浅田真央へと変わりました」という名実況も紹介されました。

今回の放送について、ネット上では「人生最高レストラン真央ちゃん出てるソチのフリーは、何度見ても泣ける」「真央ちゃんの変な質問スルースキルは高い」「意地悪な質問はすり抜ける術ある真央ちゃん、最高ー」などのコメントが上がっています。

記者からの意地悪な質問に対しても「すり抜ける術は持ってます」と言い切る浅田さん。その対応力の高さが伺える放送でしたね。

【番組情報】
人生最高レストラン
https://tver.jp/episodes/epsjtr8ucs

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2023 All Rights Reserved.