井桁弘恵、トラウデン直美のSNSをミュートにしていた!

投稿日:2022/07/04 12:02 更新日:

7月3日放送の「おしゃれクリップ」(日本テレビ系)では、モデルやコメンテーターとして活躍するトラウデン直美さんがゲストとして登場。番組MCの井桁弘恵さんが手紙でトラウデンさんへの思いを明かし話題を集めました。

井桁弘恵

(画像:時事)

■井桁弘恵、トラウデン直美のSNSをミュートにしていた!

2013年に開催された「ミス・ティーン・ジャパン」でグランプリを受賞したトラウデンさん。井桁さんはサマンサタバサ賞を受賞しました。

そして、今回の番組では、同じコンテスト出身でお互いを意識してきた2人がトラウデンさんの地元・京都を訪問します。

そこで、スタッフが「お互いのSNSは意識してチェックしたりは?」と尋ねると、トラウデンさんは「意識してわざわざこうやってチェックしてるわけではないけど、弘恵ちゃんが大きい仕事決まるとちょっと焦る感じはあったよ」とコメント。

一方で、井桁さんが「本当に?私こそあったから、私あえて見ないようにしてた時期もあった。消せるじゃん通知とか」と話すと、トラウデンさんは「消してたの?」と驚きの声をあげます。

「私は本当に見てなかったSNSを…見れなかった」と井桁さん。続けて「本当に正直なところこの『おしゃれクリップ』決まって、外さなきゃと思ってミュート外したの」と意外な事実を明かすと、トラウデンさんは「めっちゃ最近じゃん!」とツッコミを入れるのでした。

■井桁弘恵が手紙綴ったトラウデン直美への思いとは?

ロケの終わり、井桁さんはトラウデンさんのために手紙を書いてきた事を明かします。

井桁さんは「直美ちゃんへ 今日は1日ロケありがとう。正直2人でこうやって番組で京都に来られるなんて10年前には想像できませんでした。10年前コンテストで13歳の直美ちゃんに初めてあった時、なんて可愛いんだろう…この子が優勝して芸能界で活躍するんだろうなって一瞬で太刀打ちできないって!!感じました」とトラウデンさんと初めて会った時の記憶を振り返りました。

続けて「そして予想通り直美ちゃんが優勝してモデルやタレントとして活躍している姿を見て『すごいな』という気持ちと、それ以上に自分とどんどん差が開いていくことへの焦りと劣等感でいっぱいでした。意識しすぎちゃいけないって思っていたけど、何かと10年間直美ちゃんの存在を意識して過ごしてきた気がします」と告白。

また、井桁さんは「勝手に比べて落ち込んでいた10年があったから、今回はゲストで直美ちゃんが出演するって聞いて最初はどうしようって心がザワザワしてました。でも今日までにデビューからの10年間や直美ちゃんのことをたくさん考えていたら、直美ちゃんがいてくれたからこそここまで頑張れたのかなって思いました」と良きライバルでもあるトラウデンさんに感謝を伝えます。

さらに「これからも私はきっと直美ちゃんのことを意識しちゃうんだろうなと思うし、負けたくないから頑張り続けられるんだと思います。私にとって数少ない同期なのでライバルとしてだけでなく、友人としても仲良くしてもらえたら嬉しいです。井桁弘恵」と手紙の最後を締めくくりました。

■切磋琢磨する二人に「なんか泣けた」の声

今回の放送について、ネット上では「お互いの活躍に嫉妬したり刺激受けたりしながら歩んできた10年間を振り返るみたいな内容で、SNSをミュートしてたとか居なかったらもっと楽だった(けどいてくれてよかった)とか赤裸々に話しててなんか泣けた」「いげちゃんの手紙やばい、ルーザーだからこそ見えたものもあるし頑張ってきたものがあるよね」「神回だった、トラウデン直美もいげちゃんもそれぞれ違う良さがある。タイプが全然違うと逆にお互い羨ましくなっちゃうよね」などのコメントが上がっています。

言いづらいことも包み隠さず、思いの丈を綴った井桁さん。トラウデンさんへの手紙に感動して思わず目頭が熱くなったという人も少なくなかったようです。

【番組情報】
おしゃれクリップ
https://tver.jp/episodes/ept7fsg5ir

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.