無名時代のオズワルド伊藤、とあるものを見て号泣「芸人やってるって言えなかった」

投稿日:2022/06/12 11:32 更新日:

6月11日放送の「人生最高レストラン」(TBS系)では、お笑いコンビ・オズワルドの畠中悠さんと伊藤俊介さんがゲストとして登場。伊藤さんが号泣したエピソードが明かされる場面があり、話題を集めました。

マイク

■オズワルドがコンビ結成秘話を明かす

今回の番組では、コンビを結成したきっかけについての話題に。畠中悠さんは「NSC卒業3年目ぐらいで組んだんですよ。それまでどっちも何の活躍もなく」とコメント。

この話を聞いたMCの極楽とんぼ・加藤浩次さんが「えっ違うコンビでやってたの?」と尋ねると、伊藤俊介さんは「どっちも地元の同級生と入って解散してるんです」と明かします。

その後、畠中さんはピンで活動するも、伊藤さんは「こいつどうして笑ってられるんだろう?ってぐらいウケてなかったです」と当時の記憶を回顧。

また、加藤さんが「それで伊藤はよく組んだね」と問いかけると、伊藤さんは「でもウケてないだけで面白いなとは思ってたんで…。客受けはしないだろうなっていうネタでしたし」とセンスを感じ、畠中さんと2014年にオズワルドを結成したと言います。

続けて、加藤さんが「畠中どうだった?伊藤に言われた時は」と聞くと、畠中さんは「俺とコンビ組みたいやつがいるんだ、世の中にと思って」と当時の心境を語りました。

■無名時代のオズワルド伊藤、とあるものを見て号泣「芸人やってるって言えなかった」

ここで、加藤さんが「組んでどのぐらいちょっとずつ芽が出てきたのは?」と尋ねると、畠中さんは「それがコンビ組んで初めて渋谷∞ホールで、一応ピラミッド形式になってるんですよ。ランキングで…。僕らなんてホントに一番最下層です。1日1人優秀者が決まるんです」とコメント。

優秀者は観客と審査員のアンケートで決まるとのこと。畠中さんは「それの結果がそれこそ待ってる間さっきの『兆楽』で僕ら2人で飯食いに行って。携帯見ながら、いつ結果が出るんだろうと思ってホームページに結果出るんですけど、コンビ組んで初めての舞台で優秀者に選ばれたんですよ。オズワルドが」と見事に優秀者に選ばれた事を明かします。

当時について「その時に向かいの伊藤見たら涙を流してて…。ホントに小さな小さなライブの優秀者だったんですけど」と振り返った畠中さん。

この話を聞いた加藤さんが「伊藤、意外に熱いタイプか」と指摘すると、伊藤さんは「まあ ガーッとはなりやすいっすね」と返答。

さらに、伊藤さんは「『芸人やってる』って言えなかったんです。この状態で『俺 芸人やっててさ』って言うやつが信じられなすぎて、恥ずかしいみたいなのがあって、何かようやくちょっとだけホントにちょっとだけ結果…。結果っていうほどの結果でもないけどホームページに名前が載ってるの見たら 何かたまらなくなってしまって」と感極まって涙した事を明かしました。

■オズワルドのエピソードに「泣いちゃう」の声

今回の放送について、ネット上では「伊藤ちゃんの泣いちゃうエピ好きすぎる」「伊藤ちゃんが泣いちゃったエピソード素敵すぎる」「伊藤さんのお話も畠中さんのお話もオズワルド結成のお話も全部良かった!本当に2人がコンビになってくれて良かったな…大袈裟かもしれないけど、オズワルドのおかげで毎日楽しい!」などのコメントが上がっています。

無名の時代に小さなライブで結果を出し、それが忘れられない瞬間になったというオズワルド。そのエピソードに思わず目頭が熱くなったという人も少なくなかったようです。

【番組情報】
人生最高レストラン
https://tver.jp/episodes/ep71alu2rw

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.