松坂桃李「流星君の1個特徴見つけたわ」横浜流星、照れるとアレが赤くなる…!?

投稿日:2022/05/15 13:02 更新日:

5月15日放送の「ボクらの時代」(フジテレビ系)では、映画『流浪の月』に出演する松坂桃李さん、広瀬すずさん、横浜流星さんが出演。松坂さんが横浜さんの特徴を発見したと発言する場面があり話題を集めました。

横浜流星

(画像:時事通信フォト)

■松坂桃李「流星君の1個特徴見つけたわ」横浜流星、照れるとアレが赤くなる…!?

今回の番組では、結婚についての話題に。横浜流星さんは「僕も20〜21歳で親が結婚して僕を産んで育ててるんで、やっぱその年になった時に自分も意識したし、守るものができた時ってやっぱ自分の心境の中でも色々変わるし。守っていきたいなっていう気持ちはすごく強かったので」と語ります。

ここで、松坂桃李さんは「あれだね。こうやって今面と向かって喋るとさ、流星君の1個特徴見つけたわ。耳赤くなる」と指摘すると、横浜さんは思わず赤面。

「僕すぐね…こっちというかこっちにすぐ出ちゃうんすよ」という横浜さん。耳が赤くなるのは自覚があるそうです。

また、広瀬すずさんは「今からずっと気になっちゃうじゃん」と言って笑いました。

■横浜流星、広瀬すずに膝枕をしてもらおうとするも…

そして、演技について語る場面も。学生時代に極真空手をやっていた横浜さんは「わりと機械的に動いた方が一番強いんですよ。相手こう来たから次こうしていようとか感情的にならないようにするっていうのが一番大事というか。小学1年生からまあ十数年間『人に弱みを見せるな、涙を見せるな』っていうふうに…『感情抑えろ!』みたいな感じで生きてきたんで」と振り返ります。

そのためか、撮影中には監督の李相日さんから「更紗に甘えろ」「男は甘えるだろ」と演技指導を受けたこともあったそうで、横浜さんは「こっちはずっとこういう感じできたんでどうやって甘えればいいんだろうみたいな」と苦労したと告白。

そこで、李監督は「すずに膝枕してもらえ!」と指示を出すも、横浜さんはその膝枕ができずここでも苦戦。そんな横浜さんの恋人役を演じた広瀬さんは「だから途中で言った『力抜いていいですよ』」と伝えた事を明かしました。

■横浜流星がイラっとする瞬間とは?

最後、松坂さんがイラっとする瞬間について尋ねると、横浜さんは「高校の時の同級生で結構(一緒に)居る事が多くて。その友達の誕生日にお祝いしてあげようとしていた時に1人の子も来るはずだったのにここに当の本人がいるから来るはずだったのに『来れないかも』みたいな(言い出した)」と話を切り出します。

横浜さんはこの時、来られない理由を尋ねると「遊んでる」と返事が来たとのこと。それでも横浜さんは「仲間なんだから」と伝えたところ、その友人は誕生日会に参加することになったそうです。

しかし、その友人が「遅れちった~おめでと~」とやって来たことに、横浜さんはイラっとしたそうで「『お前さ』みたいな。『誕生日ってのは分かってて1年に一度でしょ?』みたいな」と熱い言葉でその友人を叱ったのだとか。

この話を聞いた松坂さんと広瀬さんは「友達思い」「熱いね」「かっこいいイラッとする部分が」と話し横浜さんを絶賛しました。

今回の放送について、ネット上では「全国的に耳赤くなるのバラされた」「流星くん恥ずかしいと耳赤くなるの全国の人にバレた〜この顔であの演技力で耳赤くなる事まで知られたら最強じゃん」「桃李くん、流星くんの耳が赤くなる特徴をよく見付けてくださいました。流石です。そうなんです。照れると赤くなるんですよ」などのコメントが上がっています。

照れると耳が赤くなる横浜さん。その特徴は既にファンの間では周知されていたようですね。

また、膝枕で甘えることができなかったというエピソードでも悶絶する人も多かったようです。

【番組情報】
ボクらの時代
https://tver.jp/episodes/ep16dpzsx8

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.