陣内智則「やっぱ俺は、離婚やと思うねん」

投稿日:2022/05/06 14:40 更新日:

5月5日深夜放送の『かまいたちの知らんけど』(MBS毎日放送/TBS系)では、陣内智則さんがゲストとして出演。東京進出後に自分のキャラクターが確立されたきっかけが女優・藤原紀香さんとの離婚だと明かす場面があり注目を集めました。

陣内智則

(画像:時事通信フォト)

■陣内智則「やっぱ俺は、離婚やと思うねん」

今回は、かまいたちと陣内さんとのドライブ旅企画が放送されました。

移動中の車内では、陣内さんが東京進出を果たした33歳の頃を振り返る場面が。当時、ネタ番組を中心に活躍していた陣内さんですが、トーク番組での出演時には「一言も喋ってないもん」と思うように発言できなかった時期もあったそうです。

濱家隆一さんが「『陣内さん!』っていうの(キャラクター)が確立されるようなタイミングってどこやったんですか?」と真剣に問いかけます。

すると、陣内さんは「やっぱ俺は、離婚やと思うねん」と、2009年に自身の不倫が引き金となり、藤原さんと離婚したことについて迷うことなく触れました。

この言葉に、濱家さんは「珍しいっすね〜」と笑いながらコメントし、山内健司さんも笑いながら「大離婚ですもん」と興味津々に聞き入ります。

■陣内智則、"陣様"と呼ばれ好青年を演じた時期「俺はめっちゃしんどかったもん」

その後、陣内さんは「俺はめっちゃしんどかったもん」「『陣様』言われて、すっごい持ち上げられてたのよ」と、当時の心境を赤裸々に明かします。

「芸人って持ち上げられたらしんどいのわかる?」「で、実力伴ってないねん」と、当時の自分の苦悩を素直に告白する陣内さん。

山内さんも納得した様子で「そうですよね、下に見られた方がウケますもんね、絶対」と、芸人の立ち位置について共感しました。

当時、陣内さんは「おもろいこと言ったら引かれると思っててん」「好青年を演じとかないといけないみたいな」と、どこか偽りのキャラクターであったと振り返ります。

「そこからボーンッて落ちて…」「そっからやな、楽になった…楽になった言うたらアレやけど」と、どこか開放された気分だったそうです。

続けて「みんながそれ(離婚)を笑いに変えてくれて、やっと言えるようになったというか」と笑顔を見せた陣内さん。「芸人ってやっぱバカにされてるくらいが一番ええねんなっていう」と、穏やかな表情で振り返りました。

■"愛妻家&良い人"濱家隆一、好感度を下げるためにやっていること?!

陣内さんの話を聞き、濱家さんは「好感度が上がれば上がるほど動きにくいやろなっていうのは、なんとなく僕最近ちょっと感じてて…」と理解を示します。

「僕今、好感度高いんで」「『本当に愛妻家で良い人』みたいな」とドヤ顔を見せる濱家さん。続けて「だからちょこちょこ言うようにはしてるんですよ、好感度下がるような」「『お姉ちゃん好きや』とか『うんこ漏らした』とか」と冗談を交え盛り上げました。

ネット上では「そうか離婚が転機か〜」「お茶目陣さんw」「みんなが離婚を笑いに変えてくれた!!」「改めて陣内さんのツッコミのはやさとキレすげえ」など、トークを楽しんだ人の声が上がりました。

陣内さんが赤裸々に明かした離婚当時の心境に聞き入ってしまった人も多かったようですね。

【番組情報】
かまいたちの知らんけど
https://tver.jp/episodes/ep54ncul70

(文:葉加瀬ミカ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.