蛍原徹、離婚漫画紹介され苦言?「ちょっと、いじってます?」

投稿日:2022/03/08 10:59 更新日:

明石家さんまさんがMCを務める『痛快!明石家電視台』(MBS/TBS系)。3月7日の放送では、番組に出演した個性的なキャラのバー店主が蛍原徹さんに漫画をおすすめする場面があり話題を呼んでいます。

蛍原徹

(画像:時事)

■明石家さんま&出演者もドハマり「売れない女芸人みたいや!」

今回行われたのは、個性的で愛すべき"イタイ店"をさんまさんに紹介するという企画。扉を開けた瞬間に帰りたくなる隠れ家バーとして紹介された大阪・難波にある『BAR穴』の店主・リカさんとアルバイト店員のこまちっちさんがスタジオに登場します。

さんまさんと対面するなり、さんまさんの大ファンだというリカさんは「感無量で恐悦至極に存じます」と拝み始め、スタジオは大ウケ。

さんまさんも「売れない女芸人みたいや!」「礼ニ、これはコピー(真似)せんとあかんな」と、個性的なキャラに大笑いしながら興味津々。

昔から自分ルールを決めてクリアしていくとの生き方をしてきたと明かすリカさんは「漫画を1日1冊買わないと死ぬっていう」とのマイルールを発表。

これには、さんまさんも大ウケし、出演者たちも「めちゃ面白いですね」と大盛り上がりしました。

■蛍原徹、離婚漫画紹介され苦言?「ちょっと、いじってます?」

毎日漫画を買い続け、自身が経営するバーにも漫画がぎっしり敷き詰められており、2000冊以上漫画を読んできたというリカさん。

さんまさんや他のメンバーにおすすめの漫画を持参します。

リカさんは「麻雀がお好きだということで麻雀漫画をまず」と、さんまさんにぴったりな漫画を熱く紹介。

人間の遺伝子を組み込まれたIQ290の天才猿が、実験で麻雀を打たされ続けるという個性的なストーリーにさんまさんも「こんなやつと麻雀したくない!」と、顔を両手で覆いながら大笑い。

中川家には「オチがとんでもない度肝を抜かれる…」と、興味深い青春ストーリーを紹介します。

そんな中、蛍原さんには「こちら、あの〜『ぼくたちの離婚』という」とおすすめの漫画を紹介すると、スタジオはザワザワ。

蛍原さんは手を挙げ「ちょっと、いじってます?」と、コンビ解散について冗談を交え盛り上げます。

「世の中にはこんな大変な壮絶な別れをした人が、たくさんいるんだよっていう」とあらすじを紹介するリカさん。出演者が「めっちゃいじってるやん」とツッコミを入れる中、さんまさんも「漫才師って夫婦みたいなもんやとか、よう言うからな!」と蛍原さんにトドメを刺し盛り上げました。

■視聴者「おすすめ漫画読んでみたい!」の声

ネット上では「おすすめ漫画読んでみたい!」「明石家電視台に出てらっしゃる漫画BARの方がめちゃめちゃおもしろい。行ってみたい」「リカさんこまちさん最高でした〜!」など、放送を楽しんだ人の声が上がりました。

店主のリカさんやこまちっちさんに、さんまさんや出演者がドハマりした様子を見て一緒に大笑いした視聴者も多かったようですね。

【番組情報】
痛快!明石家電視台
https://tver.jp/corner/f0100504

(文:葉加瀬ミカ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.