今田耕司が明かした衝撃の過去…「新ビオフェルミンをラムネ代わりに食うてたんや」神回すぎる対談が話題!

投稿日:2022/01/14 10:19 更新日:

1月13日、お笑いコンビ・千原兄弟の千原ジュニアさんのYouTubeチャンネル『千原ジュニアYouTube』が更新され、お笑い芸人、今田耕司さんとの対談が実現。今田さんのスパルタ学園時代についてのトークが話題になりました。

今田耕司

(画像:時事)

■今田耕司、なぜ日本一のスパルタ学園"に!?

"日本一のスパルタ学園"と呼ばれていた『日生学園』に3年間通っていた今田さん。今田さんは「俺めちゃくちゃアホやねん」「しっかりしてるとか言われんねんけど」と切りだし、入学を決断した時のことを振り返ります。

「お父さんが『耕司がもし(日生学園)行くんやったら、3年間毎日、貯金箱に100円入れていく』」「『卒業した時にその貯金箱をお前にプレゼントする』って言われたんや」と、父からの提案について明かしました。

当時14歳の今田さんは「それで、なんぼや?(合計)10万近い!」「『ほな、行くー!』ってなってん」と、単純にお金の欲しさに入学を決断したそうです。

■今田耕司が明かした衝撃の過去…「新ビオフェルミンをラムネ代わりに食うてたんや」

早朝から掃除、窓なしの教室で授業を受け、全寮制だったという、ハードな学生生活を送っていた今田さん。

当時、砂糖を含む甘い食べ物が一切禁止だったため「新ビオフェルミンをラムネ代わりに食うてたんや」「微妙に甘いから」と衝撃の告白をしました。

「大人なってから、新ビオフェルミン見て『うわ、なつかしぃ』と思って」「食べたら全然甘くない!研ぎ澄まされてんねん」と、異常な感覚を持っていた当時を振り返ります。

さらに「手紙(を書くこと)だけがが唯一の娯楽やった」と明かし、親に手紙を書いて、こっそりキャンディーを送ってもらったこともあったそうです。

その他にも、封をした手紙の内容がなぜか先生にバレていたり、脱走を試みたりするなど、そのエピソードは尽きることがありません。

今田さんは「今も、その時(日生学園時代)の同級生とか先輩とかと喋ったら話尽きないもんね」としみじみとします。

千原ジュニアさんも「ほんまに、小説とか映画化した方がいいんじゃないっすか!」と、終始興奮した様子で話に夢中になっていました。

視聴者からは、ネット上で「今田さんのこういうル―ツ的な話聞けるの貴重!」「日生学園の文字だけで笑えるのでエピソード聞けて最高です笑」「日生学園の話こんなに長尺で聞けるの最高w」などの声が上がりました。

■神回すぎる対談が話題!

その他にも、今田さんの芸人デビューのきっかけや、ダウンタウンとの出会いなど、豪華なエピソードが盛りだくさんだった今回の動画。

ネット上では、視聴者から「ただの神回やん」「うわっ、このコラボはすごい!!」「貴重過ぎる対談だ…。」「30分超の動画があっという間でした」「本当に惹きつけられる話だわ」「面白くて最高です」など大きな反響がありました。

映画のように濃い今田さんのエピソードに、興奮した人も多かったようですね。

【番組情報】
千原ジュニアYouTube
https://www.youtube.com/watch?v=qZWLkfbyf4s

(文:葉加瀬ミカ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.