錦鯉・渡辺、"大人"に刺さる名言が話題『押していいかどうかわかんねぇボタンは…』

投稿日:2022/01/10 15:11 更新日:

1月9日の「情熱大陸」(MBS /TBS系)では、昨年の「M-1グランプリ」王者・錦鯉の長谷川雅紀さんと渡辺隆さんに密着した模様が放送されました。その中で長谷川さんと渡辺さんが芸人を続けてきた理由が明らかになり、話題になっています。

マイク

■「M-1」最年長王者・錦鯉が芸人を続けてきた理由とは?

ボケの長谷川雅紀さんは50歳、ツッコミの渡辺隆さんは43歳で、史上最年長の「M-1」王者となった漫才コンビ・錦鯉。

今回の番組では「M-1」の結果が出る前に長谷川さんへ話を聞く場面が。

そこでは、芸人を続けてきた理由について、長谷川さんは「いや~ もう限界かなとか無理かなと思った時に何かパッと仕事入ったりとか…。何か延命措置がされるんですよ。勝手に。タカトシの番組にもよく呼んでくれたんですよ、ラジオだとかあとネット番組だとか」とコメント。

続けて、長谷川さんは「でも結局はまぁ一言で言えばやめる勇気がなかったというのが正解なんですけどね。もし辞めたらじゃあ自分何しようってなった時に免許もない資格もないってなった時に多分この年からだったら出世も無理だろうし才能もないし」と吐露。

「芸人やってたらわずかな本当小さな細い光で、もしかしたら何かあるかもしれない…。小さな小さな希望を持っているっていうのも確かにありましたね」と芸人を続けて理由を明かしました。

一方で、実家で父親と暮らしている渡辺さんにスタッフが将来の不安について尋ねると、渡辺さんは「ここまでくるとなくなるんすよね。多分20代とか30代のやつの方が不安とか大きいと思うんですよね。結婚とかも考えたりするじゃないですか、結婚したりとか親の事とか」と持論を展開します。

さらに、渡辺さんは「ある程度までいったらこれはもうこういう人生だからダラダラ生きてやろうっていう…。良い意味で諦めの境地がなかったらもうやってないんじゃないかな」と語りました。

■錦鯉・渡辺、"大人"に刺さる名言が話題『押していいかどうかわかんねぇボタンは…』

「M-1」優勝後、2人で祝杯をあげる長谷川さんと渡辺さん。そんな2人に話を聞くと「要は言ってしまえば本当のバカだと思うんですよね。自分で言うのおかしいですけど…。何て言うの?利口ではないでしょ」という長谷川さん。渡辺さんは「うん。利口ではない。利口だと思った事はない」と相槌を打ちます。

ここで、長谷川さんは高校の時、防災用のボタンを押して先生に怒られたエピソードを紹介。当時について、長谷川さんは「はたから見たらちょっと頭おかしいじゃないですか?何かなるようにしかならないというか。あれですけどね、ちょっとできない事はできないんで、でも、一生懸命やっていけたらいいな」とコメント。

すると、渡辺さんは「それで良いと思いますよ。俺たちなんか…。ボタンあったら押してきゃいいんだから」と表情を緩めます。

長谷川さんは「危なすぎるよそんなの」と伝えるも、渡辺さんは「押していいかどうかわかんねぇボタンは押してきゃいいんだよ」とこれが錦鯉のスタイルと念を押すのでした。

■錦鯉出演の「情熱大陸」に反響

今回の放送について、ネット上では「『押していいか分かんないボタンがあったら押していけばいいんだよ』って何かカッコいい名言」「その愚直さが愛されるんだろうな」「渡辺さんの言葉が心に残った。大人になっても、バカみたいにボタン押してもいいんだよね」などのコメントが上がっています。

渡辺さんの「押していいかどうかわかんねえボタンは押してきゃいいんだよ」という言葉が素敵で、錦鯉の魅力を改めて感じた人が多かったのではないでしょうか。

【番組情報】
情熱大陸
https://tver.jp/corner/f0094883

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.