「生きてくのも大変だろうな」佐久間宣行が明かした星野源の“素顔”

投稿日:2021/12/13 16:26 更新日:

12月12日放送の「Love music」(フジテレビ系)では、テレビプロデューサーの佐久間宣行さんがゲストとして登場。佐久間さんが星野源さんの楽曲『ばらばら』について語り話題を集めました。

星野源

(画像:時事通信フォト)

■佐久間宣行、救われた楽曲を明かす

星野源さんの『ばらばら』に救われたという佐久間宣行さんは「テレビの世界ってみんなそれぞれ感じ方違うと思いますけど、僕が入った頃、20年前とかって、結構大変な時代で本当に仕事が大変なのもあるし、主義主張が合わない人がいるしって中で、精神的に色んな人やっていくのが無理だなとか思ってて」と話を切り出します。

続けて、佐久間さんは「テレビの仕事向いてないというか、芸能の仕事の皆さんと付き合うのが大変だなと思った頃に星野さんの『ばらばら』っていう曲聴いて世界は一つじゃないっていう…。ばらばらでそれぞれの考え方や生き方があって、それが上手く重なりあえばいいんじゃないかっていう歌詞にすごい救われたというか」とコメント。

また、佐久間さんは「無理に自分が合わない世界に合わせに行こうとして心を病むよりは自分の大事なものは決めてそれは大事にした上で、他人の大事なものを尊重できるようにした方が…。理解できない人もいるって思ったのがその『ばらばら』っていう曲でそう思えたんですよね」とこの楽曲に救われた理由を明かしました。

■「生きてくのも大変だろうな」佐久間宣行が明かした星野源の"素顔"

星野さんの話題が出たタイミングで、MCの森高千里さんが「普段テレビとかで会う星野さんとちょっと違う所で会う」と話を振ります。

すると、佐久間さんは「変わらないですね。変わらないけど、僕が言うと失礼なんですけど、星野さんって世界中の色んな痛みとかそういうのを人一倍感じて、詞に落としていったり…。良い曲に落としていくタイプの人だと思って、だから心配になっちゃいますね」とコメント。

続けて、佐久間さんは「受け止めてるから、それしんどいだろうなと思って、生きてくのも大変だろうなって思っちゃう事はあります」と本音を吐露。

この話を聞いた森高さんが「それは伝えた事はあるんですか?」と尋ねると、佐久間さんは「伝えた事はありますね『しんどくないですか?』っていうのを言ったら…。全部はおっしゃらなかったですけど『(そういう)時もあります』って言ってましたね」と星野さんの言葉を明かしました。

■佐久間宣行が語る星野源のエピソードに反響

今回の放送について、ネット上では「佐久間さんが救われた音楽『ばらばら』と最近の源さんとの関係性などたっぷりお話聞けてたのしかったです」「佐久間さん!!!源さんのお話、嬉しい」「ばらばら と、星野さんについて熱く語ってたよ」などのコメントが上がっています。

星野さんの『ばらばら』に救われたという佐久間さん。そのエピソードから音楽の力を感じた人も多かったのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2023 All Rights Reserved.