京本政樹、息子であるSixTONES京本大我に演技の助言は一切なしの理由「一つ言うならやっぱり…」

投稿日:2021/10/31 13:23 更新日:

10月30日、お笑いコンビ・インパルスの堤下敦さんのYouTubeチャンネル「堤下食堂」では、ゲストに俳優の京本政樹さんを招き、トークする動画を公開。京本さんが息子でアイドルグループ・SixTONESのメンバーである京本大我さんへの思いを語り話題を集めています。

京本政樹

(画像:時事)

■京本政樹、息子・京本大我への思いを赤裸々告白「死にそうだった」「捨てられた子猫ちゃんみたい」

堤下さんが酒とつまみを用意し、ゲストと共に語り合う「居酒屋堤下」のコーナー。今回のゲスト・京本さんは、堤下さんと舞台で共演もしています。

中盤、京本さんの息子でSixTONESの大我さんの話に。京本さんは、大我さんが小学生の時にジャニーズ事務所の故・ジャニー喜多川さんの目にとまり、ジャニーズJr.となった経緯を語ります。

そして、大我さんがミュージカル『エリザベート』の出演者に抜擢された時の話に。稽古していた時の大我さんの様子について「死にそうだった」と語る京本さん。大我さんは、それまでジャニーズで学んだダンスや演技を「全部捨てろ」と言われ、一から学び始めなければならなかったそうです。

京本さんは、その時の大我さんの様子を「まるで何だろうな…捨てられた子猫ちゃんみたいな。もう打ちひしがれた子犬みたいな」と語ります。稽古で打ちひしがれる大我さんを見て、京本さんは「もしかしたらもう、この世界辞めるかもしれない」と思ったそう。

堤下さんが「その時アドバイスとかしてないんですか?」と聞くと「いや、特にしてない」という京本さん。京本さんは、大我さんが雑誌で「自分の人生だから自分の思った方、それがたとえ間違っていたとしても、自分が思った方向に歩きたい」と発言していたのを目にしていたそう。

その大我さんの思いを尊重し「特にアドバイスっていうのは(しなかった)」と語りました。

■京本政樹、息子に演技の助言は一切なしの理由「一つ言うならやっぱり…」

大我さんに対し、演技についてアドバイスはしなかったものの「一つ言うならやっぱり、人間性ですよ」という京本さん。

「どれだけやっぱりもし、先輩に可愛がられるかとか、先生によくしていただくとかね、それは怒られたとしてもですよ。やっぱりね、そこが全てなので」と、最も大切なことについて語ります。

そして、「僕は見ててね、良き先輩に出会ったなぁというのはね、すごいわかった気がする」「それを見ている間に、どんどん急成長してデビューにつながった」と、大我さんの成長に言及。

堤下さんが「今はもう、あまり心配せずに息子さんのこと見れる?」と聞くと、京本さんは「心配せずにっていうか、肉親としたらもちろん心配しないわけではないけれども、やはり一つのことを究めて、そこに入った以上はどんどんそれをもっと更に、自分のハードルをどんどん上げて前進してほしいなって思います」と、大我さんへの思いを語りました。

■息子への思いを語る京本政樹に視聴者「素敵なお父さん」

他にも、京本さんの役者デビュー秘話や普段の生活などについて語り盛り上がった今回の動画。

ネット上では「大我くんの話することあまりないから、嬉しかったです」「プライベートでの息子さんへの思いを初めて聞きましたが、包容力があり温かい気持ちを持った素敵なお父さんなんだと感じました」「本日は家族の話なども聞けて、デビューの話や時代劇寸劇も披露されて楽しかったです」との声が上がっています。

京本さんが語る息子への思いに、温かい気持ちになった視聴者も多かったのではないでしょうか。

【番組情報】
堤下食堂
https://www.youtube.com/watch?v=AXBeLX8ruwE
(文:二木もなか/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.