指原莉乃、ヒロミにも理解されない恋愛の方式…「本当によくないんですよ」

投稿日:2021/10/29 16:27 更新日:

ヒロミさんと指原莉乃さんがMCを務める『ヒロミ・指原の"恋のお世話始めました"』(ABEMA)。10月28日の放送では、指原さんが異性を好きになる瞬間について語る場面がありました。

指原莉乃

(画像:時事)

■指原莉乃、ヒロミにも理解されない恋愛の方式…「本当によくないんですよ」

今回の番組では「これをやられたら好きになっちゃう仕草」についての話題に。

ヒロミさんは「仕草っていうかですね、物凄い単純なんですけど、ボディタッチです」と答えます。これに「めちゃめちゃシンプルですね」と指原さんが笑うと、ヒロミさんはボディタッチをされると「あれ?好きなのかな?」と自分に好意を寄せているのではないかと思い込んでしまうことを告白しました。

一方で指原さんはというと「私、減点方式だから…加点じゃないから、あんまり」とコメント。するとヒロミさんは「おまえは本当に…なんで減点方式にしたのか?何でそれを採用したのかが分かんないよ」と理解できない様子をみせます。

それでも指原さんは「本当によくないんですよ、だから加点で『うわ!この人こういう所あるんだ』ってこと、あんまないんですよ」「(相手の知らない一面を知って好感を持つ)というよりは『この人嫌な所めっちゃ少ないな』です。それで好きになることはあります」と返答。指原さんは、あくまでも仕草がプラスとなって好きになることは無いようでした。

■指原莉乃がうるとらブギーズ佐々木の"恋のお世話"をする!?「そんなので好きにならない」

出会いを求める芸能人のために、芸能人だけの合コンをセッティングし、その模様をヒロミさんと指原さんが恋愛視点で解説していくこの番組。

今回は、お笑いコンビ・うるとらブギーズの佐々木崇博さんが「すみません!どんな感じでくるみさんを攻めたらいいですかね?教えてください」と好意を寄せた相手・名取くるみさんへのアプローチの仕方を指原さんに相談する一幕が。

佐々木さんが自己紹介の際に、歌うのが趣味であるため今回ギターを持参したこと、またオリジナルの楽曲を200曲以上作っていることをアピールしていたことから、ヒロミさんは「歌うたわせちゃおうよ」と提案します。

しかし、指原さんは「嫌です。絶対うまくいくわけないじゃないですか」と即反論。するとヒロミさんは「いや、うまくいかないけど、絶対もう無理じゃん」と断言します。半ば面白半分で歌うことを提案していたようです。

そんな中、佐々木さん自身からも指原さんに対し「ギターダメですか?」という確認が。これに指原さんは「ダメに決まってます」「そんなので好きにならない」と切り捨てると「『もう1回話したくて』と話しかけてください」と、限られた時間の中でのトークであることから1度話したけれども、もう1度話掛けに行くという積極的なところを意中の女性に見せることを勧めました。

■視聴者からは「ギター弾かなくてよかった」と安堵の声

最終的に、佐々木さんは名取さんに対しデートのお誘いをし、指原さんの"恋のお世話"のおかげで、見事カップル成立となりました。

ネット上では「おぉ~佐々木さんおめでと~」「ギター弾かなくてよかった!笑」「ギター全力で止められているとことか、ちゃんといつもの佐々木さんだったw」といった反応が。

指原さんの指示に従ったことで、カップル成立となった佐々木さん。その模様を見て、どこかほっとしたファンは多かったのではないでしょうか。

また、異性に対して減点方式で見るという指原さんの恋愛観は、独特で興味深かったですね。

【番組情報】
ヒロミ・指原の"恋のお世話始めました"
https://gxyt4.app.goo.gl/KcTN3
(文:ジョブリナ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.