藤井風『何なんw』制作秘話を明かす「あの曲のグルーヴには岡山弁が必要じゃった」

投稿日:2021/10/15 14:54 更新日:

10月14日放送の「NHK MUSIC SPECIAL」(NHK総合)では、シンガーソングライターの藤井風さんに密着。藤井さんがデビュー曲「何なんw」の歌詞に岡山弁を採用した理由を明かし話題を集めました。

マイク

■藤井風、影響を受けたアーティストとは?

藤井風さんが生まれ育ったのは岡山県里庄町。そこで喫茶店を営む両親のもと4人兄弟の末っ子として生まれた藤井さんは、3歳からピアノを習いジャズ・クラシック・ポップス・歌謡曲・演歌など、あらゆるジャンルの音楽を聴いて育ったようです。

また、姉の影響でマイケル・ジャクソンさんの影響を受けた藤井さん。

藤井さんは「お姉ちゃんの携帯から流れてきた『Rock With You』を聴いて『何このかっこいい曲。誰が歌っとん』みたいになって『これマイケルやで』みたいな事を聞いて、マイケルってこんななんかR&Bとかソウルみたいなそういうかっこいい曲をやっとる人じゃったんじゃと思って」と当時を振り返ります。

続けて、藤井さんは「そっからマイケルの音楽をちゃんと聴き始めて、1曲、1曲がすごいクオリティー高くて、もう一切無駄のない作りのアルバムだなって事にすごい感銘を受けて、自分もそうしたいなっていう。その出会いは大きかったすね」とマイケルさんから多大な影響を受けたと明かしました。

ここで、スタッフが「オリジナルの曲作りはいつから始めたんですか?」と質問すると、藤井さんは「もう小4とかすごいJ-POPみたいな曲を作った記憶がある。中学から将来英語がのるであろうメロディーみたいなのを作っていきましたね」とコメント。

■藤井風『何なんw』制作秘話を明かす「あの曲のグルーヴには岡山弁が必要じゃった」

そうした中、藤井さんが高校卒業後、19歳の時に制作した楽曲が「何なんw」。この楽曲について藤井さんは「メロディーから作って、本当にメロディーに呼ばれる言葉を探すって感じなんですよね。『何なん』とかのサビは本当"なんなん"という言葉でしかなかった」とコメント。

続けて、藤井さんは「『ワシ』も別に"わし"って自分のアイデンティティー出さそうとか思ったわけではなくて、『ワシ』という言葉のスピード感、"僕"とか"俺"ではなくて『ワシ』っていうシャ・シャ・シャっていうあの曲のグルーヴには岡山弁が必要じゃった」と岡山弁の歌詞を採用した理由を語ります。

また、この楽曲を聴いたマネージャーの河津知典さんは「絶対こいつだと思った。こんなオリジナル曲をいきなり書ける。もうすでに書けてるっていう事が…もうこの子はすごいんだなっていうのは思いました」と藤井さんの才能は世界に通じると確信したそうです。

■『何なんw』の制作秘話に反響

今回の放送に対して、ネット上では「『あの曲のグルーヴには岡山弁が必要じゃった』藤井風くんの番組面白い」「あの曲のグルーヴには岡山弁が必要じゃった。って風くん最高やな」「『あの曲のグルーヴには岡山弁が必要じゃった』なんというパワーワード」などのコメントが上がっています。

「何なんw」は地元岡山を意識して歌詞に岡山弁を採用したのではなく「あの曲のグルーヴには岡山弁が必要じゃった」と、その理由を明かした藤井さん。その言葉が視聴者には特に印象的だったようです。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.