草野マサムネ、ふなっしー愛が強すぎて特集にも影響「新曲のタイミングでやってました」

投稿日:2021/09/27 15:31 更新日:

スピッツのボーカルである草野マサムネさんがパーソナリティを務めるラジオ番組『SPITZ 草野マサムネのロック大陸漫遊記』(TOKYOFMほか)。9月26日の放送では、草野さんのふなっしー愛が伝わってくる場面があり、ファンの間で話題になりました。

草野マサムネ

■草野マサムネ「書き損じが多いので消せないとヤバイ」作詞は鉛筆かシャーペンで行っていることを明かす

番組冒頭は、先日放送されたKREVAさんが出演していた『マツコの知らない世界』(TBS系)の話題へ。「文房具店の世界」をテーマに、さまざまな文房具を紹介していたKREVAさんは、歌詞を書く時に油性ペンを使っていることを話していました。

これに対し、マツコさんも油性ペンを普段から使っていることを明かしていましたが、草野さんは「俺ね、完全に鉛筆とかシャーペンとか使う派なので『会話に入れねぇ』とか思いながら見ていた」と振り返ります。

また、草野さんは基本的にメモでも原稿でも使用するのは鉛筆かシャーペンだそうで「めちゃめちゃ書き損じが多いので消せないとヤバイの」「『書き直した形跡も残せばいいんじゃない』とか言う人もいるけど、そんなレベルじゃないんですよ」と、書き損じが多いことから、消しゴムで消せる鉛筆かシャーペンを使っていることを明かし「残したい書き直しは残すけど、消しごむのね、消費がとにかく凄いです、俺」とコメント。そんな風に作詞の時に使用する筆記用具について語ります。

とはいえ、この番組の進行表は「実はiPadでやっちゃってるんですけどね」と告白。デジタル機器も上手いこと使いこなしているようでした。

■草野マサムネ、ふなっしー愛が強すぎて特集にも影響「新曲のタイミングでやってました」

今回は「クセになる面白ソングで漫遊記・パート4」と題し、一度聴いたら頭から離れないクセあって面白い楽曲が紹介されていきました。

既に3回同じ特集をしている草野さんは「この特集、今まではふなっしーの新曲のタイミングでやってましたけど、なかなか最近はリリースもなさそうなので…今回はふなっしー関係なく色々セレクトしてみました」と告白。

実は、ふなっしーの新曲基準で特集を組んでいたことを明かします。

そんなふなっしーの楽曲抜きで行われた今回の特集について、番組エンディングに草野さんは「邦楽のね面白いやつは結構ね、まだまだストックがあるんですけれども、洋楽がね、そろそろネタ切れかな、みないな感じです」とコメント。

ということで「次は、洋楽のオモシロが4、5曲みつかった時点でやろうかな?もしくは、ふなっしーの新曲がリリースされたタイミングでやろうと思ってます」と宣言します。パート5が行われるかどうかは、ふなっしーの新曲にかかっているようでした。

■草野マサムネのふなっしー愛にファン驚き!

草野さんがふなっしー基準で特集を考えていたということに、ネット上では「ふなっしーの新曲のタイミングで…どんだけ好きなん?笑」「ふなっしー愛」「ふなっしーに重きを置きすぎwww」「ふなっしーの新曲次第 プレッシャーすごい笑」といった反応があがっていました。

興味深い楽曲が沢山流れるクセになる面白ソング特集。パート5の実現のためにも、ふなっしーの新曲がリリースされることを期待するリスナーは多いのではないでしょうか。

【番組情報】
SPITZ 草野マサムネのロック大陸漫遊記
https://radiko.jp/#!/ts/FMT/20210926210000
(文:ジョブリナ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.