セクハラをスマートに撃退した向井理に“一生ついてきたい”の声? 「わたし、定時で帰ります。」が話題

更新日:

「わたし、定時で帰ります。」の第5話が5月14日に放送されました。第5話では、向井理さん演じる種田晃太郎がクライアントのセクハラをスマートな方法で解決していく姿に注目が集まりました。

セクハラ&パワハラのモンスタークライアントが登場

過去の出来事がきっかけで、自分の生き方を見つめ直し、必ず定時に帰るようになった主人公・東山結衣(吉高由里子)の姿を通して、現代社会の働き方について問いかけるドラマ「わたし、定時で帰ります。」。

第5話では、結衣が働くWEB制作会社「ネットヒーローズ」にクライアントのランダー社から緊急の要件だと呼び出しがかかります。その要件とは、先日OKがでたはずの20周年サイトのデザインに「ピンとこない!」というクレーム。

具体的にどこを変更して欲しいのかが曖昧で結衣が困っていると、ランダー社の中西(大澄賢也)は、「桜宮彩奈さん(清水くるみ)に任せておけば問題なし!」と、若い派遣のWEBデザイナー・桜宮を指名します。

中西の様子に不信感を抱いた結衣ですが、桜宮は後日、露出の多い際どいスポーツウェアを着させられようで動画を見せられます。派遣の女性という立場を悪用した、中西達のセクハラ&パワハラを知り「こんなの理不尽すぎる、人をバカにしすぎです」と怒りを露わにする結衣は、直接、この事を中西に訴える事を決意することに…。

結衣のピンチを機転で救う種田

中西との会議の席で、「うちのチームのメンバーにセクハラあるいはパワハラはしないでください」とハッキリと伝える結衣。しかし、クライアントとしての立場を強調して開き直り、反省の色を全く見せません。

このままでは苦労した仕事も破談になるかと思った瞬間、会議室に現れたのが結衣の上司・種田晃太郎(向井理)。「部下が失礼を申し上げました」と下手に出て相手を油断させた種田は、戸惑う結衣にパソコンに仕込んだメモを使って指示をします。

あえて一芝居打ち、ランダー社が抱える問題をさりげなく指摘して反撃に出るところが今回の1番の見せ場。種田は仕事はできますが、恋愛を含め不器用なところもあるキャラクター。三文芝居を見せるシーンでも、あえて素人ぽく見せる向井さんのちょうど良いさじ加減の演技が光ったようです。

向井理に「一生ついていきたい」の声

種田を演じる向井さんにネットでは、「向井理みたいな上司に一生ついてきたい」「向井理さんほんといつもたまんねえ演技してくる」「向井理の演技、スカッとした」「男ながら惚れる演技、素晴らしい」などの声があがっていました。

種田は、不器用だけど部下思い。本当にこんな上司いて欲しいと思った人が多かったようですね。今回の放送ではセクハラもテーマになりましたが、ランニングのお誘いで呼び出しておいてセクハラをする過程の描写がリアルで、ドラマだとわかりつつも怖かった人も多かったのでは。ドラマは、見逃し配信もあるので、見ていない人はぜひ見てみて下さいね。
https://www.tbs.co.jp/muryou-douga/watatei/005/index.html
(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.