高校時代演じる若手俳優達が「イケ散らかしてる」と話題?松坂桃李主演「パーフェクトワールド」

更新日:

松坂桃李さん主演のドラマ「パーフェクトワールド」の放送が4月16日から始まりました。初回では、車イス生活を送る主人公という難しい役柄に挑む松坂さんの姿、そして、主人公達の高校時代を演じた宮世琉弥さんらの演技に注目が集まりました。

松坂桃李が難役に挑むドラマ「パーフェクトワールド」

有賀リエさんの同名コミックを原作とした恋愛ドラマ「パーフェクトワールド」の放送が16日から始まりました。物語を紹介すると、長野から上京して今は、インテリアデザイン会社で事務の仕事をする川奈つぐみ(山本美月)は、上司からの指示で設計事務所との打ち合わせの席にお遣いを頼まれます。そこで再会したのが、つぐみにとっては高校の同級生で初恋の相手だった鮎川樹(松坂桃李)。

樹が夢だった建築士として働いている事を知ったつぐみは、バスケ部のキャプテンとして活躍していた高校時代の彼の姿を重ね合わせ「もうバスケはやってないの?」と尋ねます。その時、樹のために車イスが用意され彼がそれに乗る姿を見て言葉を失うつぐみ。その後、樹が大学時代の事故で脊髄を損傷し、歩けなくなった事を知らされます。自分の心無い言葉を謝るためにつぐみは樹の元を訪問しますが…。

「パーフェクトワールド」は、再会した初恋相手が事故で車イス生活になっていたとしたら、という難しいテーマ。物語中、つぐみは妹から厳しい言葉を言われますが、建築士として夢を追う今の彼の姿に影響を受けるようになります。特に、車イス生活を送る松坂桃李さんの好演が1話では光りました。

印象的なのは、樹が車イス生活になった事で別れた元カノ・雪村美姫(水沢エレナ)に再び会う場面。彼女が好きだったが、別れる事を決断した樹の切ない心情を松坂さんは巧みに演じていました。また、冗談ぽく語っていた「排泄障害」について真剣に悩んでいる事を樹がつぐみに伝えるシーンも印象的。

彼の言葉から「引きずってたのは鮎川くんの方なんだね」と心情を汲み取るつぐみ。彼の本音を聞いた事で高校時代の思い出ではなく、現在の彼に惹かれるようになる重要な場面で、言葉を絞り出すように語る松坂さんの演技がとても素晴らしかったです。

高校時代のキャストにも注目が集まる

ドラマでは、高校時代の回想シーンが登場。樹ら主人公達の高校時代を演じた若手俳優達にも注目が集まりました。バスケ部キャプテンとしてクラスメイトの女子達の憧れだった主人公・樹の高校時代を演じるのは、「ストロベリーナイト・サーガ」での犯人役も印象的だった坂東龍汰さん。

また、瑞々しい演技でつぐみの高校時代を演じたのは「Seventeen」専属モデルとしても活動する田鍋梨々花さん。樹の元カノ・美姫は「斉木楠雄のψ難」 松本千秋役で知られる熊谷江里子さんが担当。そして、つぐみに想いを寄せるも告白できないでいる是枝洋貴(瀬戸康史)の高校時代を演じるのは7人組ヴォーカルダンスユニット・M!LKのメンバーとしても活躍する宮世琉弥さん。旬の若手キャストが登場する高校時代の回想場面も1話の見せ場の1つでした。

松坂桃李の演技に絶賛の声

放送を見た人からは、「今季ドラマは『パーフェクトワールド』に期待してる。松坂桃李の演技が良かった」「松坂桃李さんの演技、いつみても役に入り込んでいるところが本当に凄い」など、松坂さんの演技への絶賛のコメントが寄せられています。

また、「パーフェクトワールドの感想は瀬戸康史の高校時代の役をしていた宮世琉弥くんがイケ散らかしていたことです」など、宮世さんら高校時代を演じた若手キャストが印象的だったというコメントも。重いテーマのラブストーリーですが、松坂さんの演技を含めて次回以降の展開に期待が集まるドラマです。作品は見逃し配信もあるので、見ていない人はぜひ見てみて下さいね。
見逃し放送:GAO!「パーフェクトワールド第一話」
(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.