矢部も「ほんまのアウトでた」唖然?名言連発の童顔ボディビルダー・横川尚隆が話題「アウト×デラックス」

更新日:

2月7日放送の「アウト×デラックス」に登場したのは、ボディービルダーの横川尚隆さん。あまりにも筋肉を鍛えすぎたために日常生活に支障をきたしたことや、「筋肉は嫉妬深い」などの名言が話題を呼んでいます。

範馬勇次郎に憧れたボディービルダー・横川尚隆が「アウト×デラックス」に登場

7日オンエアの「アウト×デラックス」には、ボディビルに目覚めてわずか1年で日本ジュニアボディビル選手権の王者に輝いた新進気鋭のボディービルダー・横川尚隆さんが登場しました。格闘コミック「バキ」シリーズに登場する範馬勇次郎に憧れてトレーニングを始めたと語る横川さん。もの凄い筋肉と童顔のギャップが魅力の横川さんは、筋肉が発達しすぎたための困っているエピソードを明かします。例えば、太ももの筋肉が発達しすぎた結果、筋肉がつっかえてしまい和式トイレで用を足せなくなったこと。腕の筋肉も盛り上がりすぎて、横向きに寝ると枕に頭がつかないことがあると語る横川さん。実は、これは筋肉の質は違うとはいえマツコさんも日々感じている悩みとも共通するようで、「項目的には全部一緒」とコメント。同じ悩みを抱えるものとして横川さんに親近感を覚えた模様。

天然すぎる横川尚隆にスタジオも騒然

横川さんは、お風呂で体を洗うときには壁に石鹸をつけて行うとのこと。当然、マッチョすぎる悩み故にそうしたスタイルと思いきや、「それしか思い浮かばなかった」とコメント。タオルで体を洗うという発想がそもそもなく壁で洗うことになった天然エピソードを披露してしまうことになります。矢部浩之さんも「ほんまのアウトでた!」とすかさずツッコミを入れるとスタジオを爆笑に包まれます。ちなみに、横川さんは元々は手で体を洗っていたとのこと。また、テレビや映画でタオルを使って体を洗うのを見ても何の疑問を感じなかったのは、それはフィクションの中の話だと思っていたことも明かし、ここでも笑いを誘っていました。

「筋肉は嫉妬深い」横川尚隆の名言が話題

筋肉への愛情が深すぎる横川さんは、「筋肉以外のことは考えたくない」「筋肉ってすごい嫉妬深いんで」とコメント。筋肉への愛が強い故の名言が飛び出することになります。番組中には、他にも「最終的には筋肉そのものになりたい」「僕のことは嫌いになっても、ボディビルダーは嫌いにならないでください」という名言も披露。あまりにも筋肉を鍛えすぎたための独特なワードセンスで、マツコさん達を魅了することになります。

SNSでも横川尚隆の言動が面白いの声

放送を見た人からも、「範馬勇次郎に憧れてる横川くんめちゃ面白いな」「横川くん最高にアウトほんと純粋で面白い人なんだね」などのコメントが寄せられています。他にも「今日のアウトデラックスはヤバい。パワーワードが乱れ飛んでる」など横川さんのワードセンスを絶賛するコメントあり、トークが面白い横川さんが他の番組でも活躍する姿を見たくなりました。ちなみに、横川さんはビフォーアフターの写真もSNSで公開していて、その変化がすごく、まさに「筋肉は裏切らない!」という言葉を送りたいですね。(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.