岡村隆史には"一生"審査員の仕事来ない!? ミキ・昂生が『亜生呼べ!』と絶叫…一体なにが?

更新日:

毎週木曜日深夜1時から放送のラジオ番組「岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送ほか)。12月12日の放送では、今年で2回目となる「岡-1グランプリ」が開催され、音楽情報サービスを提供する「ORICON NEWS」の記者が取材に来るほど大盛り上がりとなりました。そんな中、出場者であるミキ・昂生さんのツッコミが炸裂し、話題となっています。

(画像:時事)

一人で参戦のミキ・昂生「わけわからんねん!」


「令和最初の最強芸人は俺が決める!審査員・岡村隆史」と題し、満を持して行われた「岡-1グランプリ」。

今年は、昨年度に引き続きミキ・昂生さんとインパルス・堤下敦さん、初登場となるおかずクラブ・オカリナさんとハンバーグ師匠(スピードワゴン・井戸田潤さん)の4人が登場しました。

トップバッターで登場したのは、昂生さん。去年と同様、相方・亜生さんの分も担当する"一人二役"で漫才のネタを披露しました。一生懸命頑張る昂生さんですが、途中でベルを鳴らして漫才をやめさせ「ちょっとこちらへ」と呼びかける岡村さん。

「止めんな!練習してきたんやぞ!」とキレる昂生さんに、岡村さんが「なんで自分でちょっと笑ってるんですか?」と質問すると、昂生さんは「わけわからんねん!もう!この現場が!恥ずかしい!」と絶叫して周囲は爆笑に包まれました。

岡村隆史に食いつくミキ・昂生「岡村さんの評判ダダ下がりやで」

その後も、昂生さんは岡村さんのボケに次々とツッコミを入れて爆笑を起こしますが、この状況に納得できず「2年連続で、なんで一人で俺、漫才せなアカンねん。呼ばれて」とキレる場面も。

ついには「『岡-1グランプリ』、良くないですよ。評判ホンマに悪い」と暴露し、「『愚弄してる、あれは。いろんな賞レースを』ってなってる。岡村さんの評判ダダ下がりやで」と岡村さんに食いつく昂生さん。

岡村さんは「全然そんなことない。権威ある大会。だってお前、ORICONさんが来てくれてはんねん」と声を大にして反論しますが、昂生さんは「来んな!ORICON、ボケ!アホちゃうか!」「出ていけ!暇なんかORICONは、この時間に来やがって!」とORICONさんにまで暴言を吐き、周囲は大爆笑。

昂生さんは、この企画について「分からへん、目的が」と本音を吐露すると「2月からスケジュール入ってたんですよ」と早いうちから予定に入れられていた事も暴露し、更に笑いが起こりました。

ミキ・昂生が『亜生呼べ!』と絶叫…一体なにが?

途中で止められながらも、なんとか"一人二役"での漫才をやりきった昂生さん。

すると、岡村さんは「やっぱりちょっと…正直よく分からないですね」「なんでいつも一人で来るんですか?ミキで来てほしいのよ」とまさかの発言をし、昂生さんは「亜生呼べって言ってんねん。何回も言ってる、去年から。亜生を呼べ」と絶叫。

それを聞いた岡村さんが「亜生忙しいやろ?」と質問すると、昂生さんは「忙しないですよ、同じスケジュールなのに。さっきまで一緒におったわ。なんであいつだけ家帰んねん」と反論。

まだ怒りが収まらない昂生さんは「あなたね、こんなんやってても、一生審査員の仕事来ないですよ」と岡村さんにダメ出しをし、笑いを誘いました。

全力のツッコミに「ミキ昴生の立ち回りさすがやった」の声

番組中、昂生さんのネタを聞いていた亜生さんが「ちょっと練習の時より早かったかも」とツイートしていたことが判明すると、昂生さんは「しばいたろかな、あいつ。呼べ!マネージャー、あいつを!」と激怒。

その後も、随時更新される亜生さんのツイッターに「もう寝ろ!」とツッコミをいれる場面もありました。

ネット上では、番組を聞いたリスナーから「ミキ昴生の立ち回りさすがやったなー。トップ出番の役割果たした笑」「ミキ昴生さんの全力ツッコミ面白すぎるwww」「ミキ昴生の全部ツッコミあってこその企画だよな、ありがてえわwww」などの声が上がりました。

番組中、「ミキ・昂生」を、ずっと「女子高生」のイントネーションで言い続けた岡村さん。他の出場者も全員爆笑を起こし、大満足の放送だったのではないでしょうか。

今回の放送はタイムフリーでも聴くことが出来ますので、聞き逃した方はぜひチェックしてみてくださいね。
http://radiko.jp/#!/ts/LFR/20191213010000
(文:藤峰あき)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.